« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月30日 (木)

森恒二『自殺島15』

Jisatsutou15 森恒二『自殺島15』(YOUNG ANIMAL COMICS)を読みました。前に紹介している漫画の、最新から二つ前の巻です。

 敵グループに総攻撃せんと、敵集落に乗り込む主役たち。しかし、もぬけの殻の敵地。総攻撃が読まれていて、逆に本拠(元校舎)を占拠されてしまう。逃げ遅れた留守番メンバーは、数名が人質に取られ数名が屋上に籠城。ここまでが前巻。

 籠城メンバーの救出および上下からの挟撃をせんと、夜間に屋上へと壁面を昇る主役たち3人。矢で紐を飛ばし、ロープを手繰らせ結ばせて。辛くも作戦は成功し──例によって裸の女(敵&味方)を盾にされたりしつつも──、籠城&人質メンバーを救出。
 手傷を負うも、独り逃げ出す敵リーダー。夜が明け、犬&3人と追撃する主役。犬と数の利で、流血させ海岸へと追いつめる。夕暮れ時、海へと逃げる敵リーダー。だがその海岸は、サメの出現ポイントであった。普通は人を襲わない2m大のサメだが、流血していると別らしく……。

# よく言われることだけど、(棒やパチンコなど)打撃で人を簡単に失神させられないよね……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

木城ゆきと『銃夢火星戦記3』

Gunnmmc03 木城ゆきと『銃夢火星戦記3』(イブニングKCDX)を読みました。前に紹介している漫画の最新巻です。

 再び200年前に戻った本巻。陽子(ガリィ)の出番は少なめで、エーリカ及び新登場「仮面の怪人」をフィーチャー。ドクトルは退場(?)。そして物語は、「火星の秘宝」──財宝争奪戦の様相を帯びてくる。

 エーリカ宅に到着する、陽子とエーリカ(およびドクトル)。だが家は3ヶ月前に焼け落ち、同時に両親も死亡していた。自らの記憶を、改竄していたエーリカ。両親から受けた虐待──左下腕を父・左目を母のせいで失った──と、両親を間接・直接に殺した過去を思い出す。
 その頃、火星の大領主(または代理人)一同が3年毎の会議に集っていた。そこに乱入する「仮面の怪人」。周到な準備で臨んだ彼は、やすやすと一同を脅迫する。本会議の目的──衛星による太陽光照射の配分決定──に沿って、シドニア領から「反射権」すべてを取り上げて欲しいと……。
 失意のエーリカとは逆に、陽子には母親が名乗り出てくる。引き取られる陽子。市を出たエーリカとドクトルは、陽子を追う傭兵3人組の襲撃を受ける。そこに現れた、仮面の怪人。怪人はエーリカをさらうも、被弾した飛行隊は墜落。
 エーリカが持つ本──父が入手していた──を、奪うのみの積りだった怪人。その本と彼が持つ「黄金杖」が、「火星の秘宝」の在りかの鍵だと述べる怪人。その秘宝をめぐり、かつて陥れられ苦しんでいる彼。以来、その獲得と復讐に全てをかけているらしい。
 二人きりで救援を待つ中、親殺しを告白し懺悔するエーリカ。それを聞き、悔いる必要は無いと説く怪人。何がしかを感じ取った彼は、エーリカを自分に弟子入りさせる。曰く「悪の技術をすべてたたきこむ」と──。

 火星の秘宝──「不滅の秘薬」が、「屍人兵士(ネクロ・ソルジャー)」に繋がるのか。それとも、メトセラ技術に繋がるのか……。
 また1巻にも出てきたサイボーグ猛禽(?)は、3人組のものなのか否か……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

ブラッド・バード『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』

 アメリカ映画『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』(2011年)を観ました。BSプレミアムでやっていたので。
 まともに観た『MI』シリーズ映画は、『MI2』以来の2作目。『MI1』は、確か地上波TV吹き替え版をながらで観たはず。

 ウェルメイド且つ陳腐で、観ていてドキドキしません。最終盤クライマックスも。
 スクリーン投影による光学迷彩の如き、架空ガジェットの使用シーンが最も面白かったかしら。相手の視点移動──二つの眼球位置から相手の立体視イメージを演算し、投影する映像をリアルタイム更新する。

 ブタペストで、IMF(Impossible Mission Force)が任務に失敗。ロシアの機密ファイル──核ミサイルの発射コードを奪ったものの、殺し屋に横取りされたのだ。チーム員1名を殺害されて。
 一方、イーサン(トム・クルーズ)はモスコーの刑務所に入っていた(後に説明されるが、何故そこか不可解)。が、IMFのチームにより脱獄──救出される。ついでにイーサンは、世話になったロシア人1名も脱獄させる(もちろん伏線)。
 救出員2名が合流し、発令されるミッション。それはクレムリンに潜入し、“コバルト”──発射コードを奪ったと思しいテロリストについての情報を盗み出すこと。なんとか潜入するが、目当ての情報媒体はケースのみで空。作戦中止し、脱出するイーサンたち。だが彼らの通信に割り込み──チーム員の振りをし、爆破を告げる声が聞こえた。大きな爆発が生じ、建物から脱するも吹き飛ばされるイーサン……。
 なんとか逃げ延び、モスコー内(?)でIMFにピックアップされるイーサン。どうやら罠に嵌められ、爆破と発射コード盗難をIMFが行った──後者は目的は兎も角も濡れ衣ではないが──と認識するロシア諜報部(?)。イーサンは、クレムリン内で作戦中止後に擦れ違った男を思い出す。分析官に容姿を伝えると、スウェーデン特殊部隊あがりの元ストックホルム大学物理学教授に違いないと言う。「核による終末説」──過去の生物大量絶滅に倣った人為的リセットによるヒトの進化(?)を唱え、大学から追われた経歴の。そいつこそが“コバルト”だと気づき、自分たちを罠に嵌め、彼らの目的を核戦争の誘発だと推論するイーサンたち。
 しかしIMFはロシア側の嫌疑により、アメリカ政府からの切り離し──「ゴースト・プロトコル」に従った緊急パージを受ける。組織のバックアップは無く、手持ちリソース(銃器・装備など)も限定的。チーム員は(分析官も加わった)全4名。そんな状況で、核戦争の危機を防がねばならない。発射コード受け渡しが行われると突き止めた、ドバイに飛ぶチームだが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

稲葉そーへー『しらたまくん7』

Shiratamakun07 稲葉そーへー『しらたまくん7』(ヤングジャンプ コミックス)を読みました。前に紹介している漫画の、最新から二つ前の巻です。

 主役(ネコ)の妹(ヒト)が、同じ高校に推薦合格。あと体育マラソン、進路相談、進級などが学校イヴェント。
 でも出色は、迷い猫(雌)を一晩あずかるエピソードかしら。母親の「本当の兄妹みたいねー」との無邪気に言に、主役・妹ともどもゲンナリ(笑)。主役にベッタリくっ付くも、翌朝あっさり飼い主と帰ってしまう。

 猫トリヴィアは、発情期が年2回(2~4月&6~8月)、極端に持久走が苦手、花粉症になる等。
 あと作者の近況漫画で、飼い猫3兄妹が仲たがいしてしまったと。野良猫に威嚇され、長男猫の「転嫁攻撃性」が引き出されたことにより……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

短編アニメーション映画『ダム・キーパー』

 短編アニメーション映画『ダム・キーパー』(18分弱)を観ました。Eテレでやっていたので。ロバート・コンドー/堤大介の共同監督の手による。

 絵本タッチ(?)で寓意的ながら、リアリティ溢るる本作。陳腐な感想だけど、子どもならではのシビアさが突き刺さる。主役が忌まれているのはダム・キーパーだからか、あるいは豚だからなのか……。

 主役は、子豚の「ダム・キーパー」。父から引き継いだと思しい、「町を暗闇から守る」仕事。幼いながらも独居し勤め、学校にも通っている。
 重要な仕事を、黙々と日々こなす主役。だが何故か、町の皆から忌み嫌われているらしい。大人には避けられ、学校では子どもらから意地悪・いじめを受ける毎日。
 そんなある日、子ぎつねの転校生がやって来る。絵が上手な子ぎつねは、そっと主役に手を差し伸べる。主役に仇なす子どもらや先生の、面白おかしい似顔絵を描いて。
 子ぎつねは、他の子どもらの人気も得ていた。人の輪の中心にいる子ぎつねが描く絵を、主役が覗き見るとそこには……。

 続編が作ら、且つ長編CGアニメーション化されると……。

「ダム・キーパー」最新作が制作決定 トンコハウス×Huluの新プロジェクトが始動  アニメ!アニメ!
http://animeanime.jp/article/2016/11/08/31240.html
「ダム・キーパー」新作長編映画に トンコハウスとフォックス・アニメーションが共同制作  アニメ!アニメ!
http://animeanime.jp/article/2016/11/17/31385.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

中島哲也『告白』

 日本映画『告白』(2010年)を観ました。BSプレミアムでやっていたので。

 引き込まれました。露悪的で、ツッコミどころ満載のディティールが甘いプロット。いじめや学級崩壊の放置、一生徒への掃除ペナルティ2週間、担任の保健室への託児(?)、少年A実母のアカデミズムへの復帰などなど。そのツッコミどころも、セルフ突っ込み──AIDS発症や溺死など──により小さく見せようとする姑息さ(原作どおり?)。奈須きのこさんを思わせる(?)、力技のトンデモ展開。
 そんなプロット──原作由来であろう粗を、うまく昇華したと思しい本映画。怖がらずに笑っちゃう、ホラー映画の如くならずに。ただ最終盤のCGI満載シーンだけは、同監督『下妻物語』のスクーターぶっ飛びシーンを思い出しちゃったけど(笑)。嘘か真か、ぼかすためかも知らんけど。
 惜しむらくは観る前に、○○が殺されるって知っちゃったこと。その役者さんへのインタヴュー記事を、うっかり読み返しちゃって(笑)。

 ある中学校の、3学期終業式の日。ある1年生のクラスで、担任教師(松たか子)が淡々と告白しだす。だが生徒らは常どおり(?)騒ぎ又は無関心で、真面目に聴く者は少数。担任が今月で教師を辞めると言えば、歓声まで上げる始末。
 当初は、自らの力不足などを述べていた担任。やがて告白は、先月に溺死した愛娘(芦田愛菜)へと及ぶ。自分がシングルマザーになった経緯。最近ある曜日だけ、(学校を一時的に抜けて)愛娘を保育園から引き取ったあと学校の保健室に託していた経緯。そして愛娘の死──学校プールでの事故が、実は殺人であったとの告発。しかも犯人は、このクラスの生徒2人であると……。

# 能年玲奈さんは、出てるの分からなかったな。橋本愛さん(当時14歳?)は、あお向け横姿での胸の膨らみがムネアツ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

小日向結衣『First Love』

Firstlovekohinata 小日向結衣のグラヴィアDVD『First Love』(76分)を観ました。
 1994年3月生まれで、本作が1枚目DVDである小日向さん。なんか心ここに無い雰囲気(?)──吉木りささん・杉原杏璃さんの如き──で、あまり惹きつけられませんでした。まっすぐな視線は、素敵だったけど……。

 トータル中の中かしら。股間アップ&縦すじショットが、複数回あったにも関わらず……(笑)。
 小芝居は、高3(?)先輩男子に片想いするJKの体。妄想・モノローグ多め。台詞まわしなど悪くないけど、吉木さんに例えた如くフワフワした感じで……。

 スレンダーで小顔。脚は、長くないけど綺麗。おっぱいはDカップ表記だけど、なだらかに出たお腹と相まって大きく見えない。乳ゆれは皆無。
 顔は、優香さんと高橋真麻さんを混ぜた感じかしら(どんなや?)。アイラインくっきり。へそ上に、ピアス穴あり。

 ざっくり灰色タンクトップ(&白ショーツ)は、脇パックリだけど横乳は少な目。おっぱいふもとが、脇の方まで流れてこないので(笑)。
 黒い変形下着&網タイツ&レース手袋&ピンヒールは、小芝居と関係なさそうなシーンにて。べただけど、本作のベスト衣装と思しい。他シーンでの、野暮ったい白レオタードも捨てがたいけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

せきはん(大森しんや)『グッバイエバーグリーン』

Goodbyeevergreen せきはん『グッバイエバーグリーン』(アース・スターコミックス)を読みました。
 かつて大森しんや名義で「RIDE」で連載(2012~2013年)されるも、休載が多く完結しなかった本作。既存エピソード13話に加え、最終話(16ページ)が描き下ろされ単行本化されました。

 カヴァー絵の通り(笑)、ヤマハSDR(2ストローク200cc独り乗り。1986~1988年生産)が主オートバイ。ノスタルジックだけど、作品テーマがノスタルジー(且つ未来志向?)だから鼻につかない。
 かつてバイク漫画家だった(?)作者らしく、さり気なくも的確なオートバイ描写。代表作『恋ヶ窪★ワークス』の主役&ボスも、1エピソードでゲスト登場。でもバイク漫画と言うより、オートバイが重要アイテムだった片岡義男さんの小説の如き青春ストーリーかしら。甘酸っぱく、でも恋愛要素ほぼ皆無の(笑)。
 エピローグ(2年後?)も見事。青春の旅立ち(笑)の不安と希望を、さわやかに謳い上げて……。

 河口湖そば。主役は、高1女子。柔道に燃えていたが、入学早々(?)に左ひざを負傷し選手生命を絶たれたらしい。そんな彼女と弟は、2ヶ月前に亡くなった祖父の工房ハウスを隠れ家にしていた。
 日常に不自由しない程度(?)に、負傷も癒えた夏休み前。弟が隠れ家で、祖父が修理し終えていた品々を発見する。祖父は県内/近郊都県(?)から、古い思い出の機/器械(小物)を預かり修理していたのだ。なおかつ修理品を、自らヤマハYDS-1(1960年ごろ製?)に乗り届けると言う……。
 残された修理品を見て、自分が届けたいと思う主役。夏休みに普通二輪免許を取り、祖父のYDS-1も整備(してもらった)。お客の1人──浜松の高齢女性と連絡を取り、(亡き夫の)懐中時計をお届けして女性宅に一泊。意気揚々と帰途に就くも、もう一息の所でYDS-1が止まってしまい……。

 巻末には、コミックアース・スター(無料Webコミック)で連載中『のーどうでいず』第1話が。だからなのね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

エリック・トレダノ/オリビエ・ナカシュ『最強のふたり』

 フランス映画『最強のふたり』(2011年)を観ました。BSプレミアムでやっていたので。

 おフランスらしい(?)行儀の悪さと、さり気なくも鼻に付くPCへの目配り──時に越境する──が見て取れた本作。でも、佳作です(笑)。

 首から下が麻痺している、パリに住む富豪男性。自らに24h対応可能な介護人の募集面接で、彼は心底ウンザリしていた。応募者の大半が経験者で、その綺麗ごとばかりの売り文句に。いままで採用した、すぐに逃げ出す介護人たちと同様だったらしく……。
 そんな応募者の中に、飛び抜けて異質な──フランスらしく変わり者もチラホラ──若い黒人男性が1人。がっちりとした体格と、ふてぶてしい態度。面接が始まるなり、不採用の署名をしてくれと書類を突き出す。それを求職活動した証拠とし、失業保険をもらうからと。
 介護未経験者にしても、まったく富豪男性に気を使わない黒人男性。その率直さゆえか、当人の意に反して試験採用されることに。当初は戸惑うも、勘の良さ(?)と遠慮の無さで普通以上の働きを見せる黒人男性。互いに気を許し始め、富豪男性の暮らしに活気も出てきて……。

# 「実話に基づいた物語」らしいけど、実際の介護人は非黒人でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

芦奈野ひとし『コトノバドライブ3』

Kotonobadrive03 芦奈野ひとし『コトノバドライブ3』(アフタヌーンKC)を読みました。前に紹介している漫画の最新巻です。

 マスターの姪っ子(20歳弱?)と海に行ったり(非水着)、その姪っ子の児童ヴァージョンが出てきたり。あるいは、幼なじみ女子と鍋&グラッパ(イタリア産ブランデー)を飲み食いしたり。はたまた主役、将来について内心で独り言ちたり。
 「雪のにおい」について、独り言ちたりも。「雨のにおい」なら分かるけど、(作中の舞台が)雪国でもなさそうなのに感じるのかしら……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

ミルキー・グラマー三浦はづき

Milkyglamourmiura 三浦はづきのグラヴィアDVD『ミルキー・グラマー』(本編102+特典映像6分)を観ました。
 1992年7月生まれで、本作が1枚目DVDである三浦さん。護あさなさんに準じる逸材で、即ファンになりました。初めてながら、ポージングも良くて。

 資質の良さを鑑み、辛く見てトータル中の上でした。
 小芝居は、シチュエーションに応じた台詞(棒気味)を言う程度。オムライス作成シーンは、素の喋りだったと思しい。

 護あさなさんに準えたとおり、腕・脚が長いスレンダー爆乳。なだらかに下腹部が出ていて、まだ護さんほど仕上がってないけど(笑)。おっぱいは、軟らかそう且つ美フォルム。スレンダーだけど、ごつごつしてない柔らかそうな肉づき。特に、しなやかそうな太もも内裏が素晴らしい(笑)。
 弱しゃくれ顔は、田中美佐子さん似の老け顔かしら(笑)。吉田美和さんや、二階堂ふみさんぽくも見える。ワンレングス風ウェーヴ黒髪ロングで、太眉も相まってバブルっぽい雰囲気。クールそうに見えて、しゃべると可愛らしい。

 ピンク色ざっくりタンクトップは、ブラジャー無しで横乳と谷間が露わ。四つん這いでの、重り下がった爆乳フォルムに目を奪われる。
 黄色ビキニ(ジャケット写真)は、オーソドックスながら素晴らしい。ビーチラン乳ゆれが、ゆったりとしていて重量感が有る。
 レース製アイボリー下着は、被マッサージにて。あお向けでの爆乳つぶれ広がりと、寄せて揺さぶられる様が圧巻である。
 水色の眼帯ビキニは、浴室にて。他シーンでも繰り返されるけど、やはり「雛ポーズ」おっぱい垂れ下がりが素晴らしい。
 青い競泳用(?)ハイレッグ水着は、品のいい(?)切れ上がり&食い込み。しかし、前ショットからの股間ガードが固い(笑)。
 レース製ピンク下着は、がっちり寄せて上げるブラジャー。ゆえに、ロケットおっぱいと化している。

 特典映像は、自/他撮りでの意気込みや感想など。サイパン撮影での。
 舌足らず気味で、ちょっとギャルっぽい声。少しくバカっぽい(笑)。しゃべりの内容は、ほぼ無いに等しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

トーマス・アルフレッドソン『裏切りのサーカス』

 イギリス/フランス/ドイツ映画『裏切りのサーカス』(2011年)を観ました。BSプレミアムでやっていたので。前に紹介したトーマス・アルフレッドソン監督の映画です。

 おもしろいけど、むずかしかった……。あまり間を置かず2度たのは、アラン・レネ『去年マリエンバートで』以来(笑)。
 顔・立場と名前──姓と名と暗号名が使い分けられる──が一致せず、さり気なく使われる固有名詞(“カーラ”が典型)が謎で、ちょっとしたシーンの意味が分からなかった1度目。名前などを把握した2度目で、ようやく意味を理解できました。
# でも最後の狙撃は、誰がさせた(or許した?)のだろう。敵・味方どっちが……。

 1973年11月14日ロンドン。サーカス(イギリス諜報部)の組織の長──チーフ及び右腕幹部(ゲイリー・オールドマン)の2名が、静かに退任した。チーフが個人的に指示し失敗した、ブダペスト亡命幇助オペレーションの責任を取らされて。亡命者から二重スパイの情報を得ようとするも、(亡命そのものが嘘で?)派遣した工作員を殺害された。身内のみならず、アメリカ諜報部の不興も買って。
 チーフが疑った二重スパイ──“もぐら”とは、(右腕も含む)サーカス幹部トップ5の中にいるソヴェト連邦と内通している者。それゆえ個人的に指示したのだが、失敗し“もぐら”はニセ情報だったとされてしまう。退任後、チーフは死亡(病気?)。一方、一見おだやかに日々を過ごす元右腕。夫婦関係──と言うか妻から夫への感情は、近年(?)良くないらしいが……。
 およそ1年後。そんな元右腕に、外務次官──サーカスを所管する?──が内々に接触してくる。自分とチーフを解雇した次官(と大臣)だが、その原因たる“もぐら”の調査を依頼しに。イスタンブールで行方をくらませた工作員(トム・ハーディ)が、次官に直接“もぐら”は実在するとの情報をもたらしたのを受けて。工作員はサーカス本部に“もぐら”について仄めかしたゆえ、行方をくらまさざるを得なくなったのだと。
 いまや外部の人間となり、疑われる幹部“もぐら”候補から外れた元右腕。残った幹部トップ4の1人がチーフとなり、トップ幹部を補充していないらしい新体制。次官の依頼に対し元右腕は、現役のサーカス幹部職員(ベネディクト・カンバーバッチ)──行方不明工作員の上司だが連絡あったのを知らせず──や警視庁保安部の元警部など少数の人材を要求。リバプールのホテルに拠点を構え、自他による内偵を始めるが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

森恒二『デストロイ アンド レボリューション8』

Dandr08 森恒二『デストロイ アンド レボリューション8』(ヤングジャンプ・コミックス)を読みました。前に紹介している漫画の、最新から一つ前の巻です。

 前巻でワンネスに触れた女性刑事を感知し、彼女の家に出現する美形男子。彼女が彼のカリスマ性に取り込まれそうになり、それを感知した地味男子も出現。「問う者」能力者たちも現れ、一触即発の事態に。
 なんとか衝突は免れたものの、地味男子の能力の強大さ──美形男子に勝るとも劣らない──に戦く新参の能力者たち。一部が共謀し、彼の暗殺計画を実行。力の差を考慮し、非能力による物理攻撃(刺傷)を用いて。
 計画どおりに進むも、致命傷を負った地味男子のワンネスが暴走。能力者2人を消失させ、1人は身体一部が欠損。暴走から我に返り、自身が行った攻撃および(文字どおり)致命傷を負った自身の回復に戦く地味男子。
 一方、ISSに居る美形男子。彼らをISSごと爆殺せんと──空間移動する暇を与えず──、補給を装ったスペース・シャトルがやって来て……。

 男性刑事による「問う者」否定ロジックは、イングランド保守主義のそれですね。フランス革命や共産主義に対して、歴史・慣習を無視した革命・急激な改革は失敗すると否定した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »