« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月30日 (木)

菜乃花『彼女がグラドル』

Sheisgradol 菜乃花のグラヴィアDVD『彼女がグラドル』(110分)を観ました。前に紹介しているグラヴィア・アイドルの8枚目DVDです。

 やはり菜乃花さんの照れ/泣き笑いがチャーミングであるも、近作同様おっぱい一本槍に等しい演出が冗長で、トータル中の中でした(前作同)。
 小芝居は菜乃花さんが本人役で、エア恋人とイチャイチャする体。だからか、控えめに広島弁まじりに喋る。

 手ブラジャー/セミ手ブラジャーが多かった(ほとんど後者)。いいのも有るけど、ちょっと飽きちゃう……。
 シャワーヘッドを洗うカットが有り、会話からも疑似か否か判然としない(恐らく前者)。また終盤シーンでは、ラヴホテルが舞台となっていたり(明示的な疑似は無い)。

 蛍光ピンク色ビキニが、ベスト衣装かなあ。大ぶりカップながら、少しく下乳を見せている。横目づかいのキャメラ目線で、砂を払うセルフ乳ゆらしが良い。
 あと、小ぶりな黒ヌーブラも良かった。おっぱいフォルムが最も綺麗で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

Windows 10 Ready To Run

 Windows 10の「無償ライセンス」を、取得しておきました。下記ページを参考にして。

Windows 10 無償アップグレード、移行することと無償ライセンスを取得することは別の話  Solomonレビュー[redemarrage]
http://solomon-review.net/get-windows10-free-upgrade-license/

●動機
1.Windows 10無償アップグレード期限が、2016年7月29日までである。しかし、それまでにアップグレード──Windows 10に環境移行したくない。
2.Windows 7 Professional(DSP版32ビット)のライセンスが空いている。
 無償ライセンス取得後にWin7環境に戻せるようだが──パーティション退避&復元で──、怖いので。
3.空きHDDが有る。
 SSDに対してパーティション退避&復元を、幾度も繰り返すのが嫌なので。

●手順
1.対象PCの選定
 ハードウェア構成と使用ライセンスが、MS認証サーヴァー(?)で紐づけ登録されるため。
2.MSサイトから「MediaCreationTool.exe」を落とし、“64ビット”Win10 ProのインストールDVDを作成(USBメモリーでも可)。
3.対象PCの起動SSD(64ビットWin7 Pro)を外し、空きHDDに換装。
4.32ビットWin7 Proをインストールし、ライセンス認証。
5.64ビットWin10 Proを“クリーン”インストールし、ライセンス認証。(「Windows Update」可能を確認)
6.起動ドライヴを常用SSDに戻し、Win7使用を継続。

 手順の詳細は、上掲サイトの下記ページ群も参考にしました。

Windows 10無償アップグレードの7月29日終了で慌てる前にやるべきこと  Solomonレビュー[redemarrage]
http://solomon-review.net/should-do-until-windows10-upgrade-limit/
Windows 10 バージョン1511のクリーンインストール方法と旧バージョンとの手順の違い(追記)  Solomonレビュー[redemarrage]
http://solomon-review.net/windows10-1511-th2-clean-install/
Windows 10新規インストールでWin7-8-8.1のプロダクトキーが使用可能に、ただし期限に注意  Solomonレビュー[redemarrage]
http://solomon-review.net/windows10-build10565-product-key/

●番外検証
1.DSP版“64ビット”Win7 Proメディアでインストールし“32ビット版”ライセンスを用いたところ、ライセンス認証は通ったがWindows Update不可。
2.Win10ライセンス認証後にパーティション退避(TrueImage2014使用)しておいた“32ビット”Win7を復元しても、ライセンス認証されたままだがWindows Updat不可。
3.パーティション退避しておいたWin10をさらに復元したところ、Windows Updat可能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

ビョーク『Vulnicura』

Vulnicura ビョーク『Vulnicura(ヴァルニキュラ)』(初回限定仕様スリーヴケース)を聴きました。
 前に紹介している自作自演歌手の、2015年4月に出た最新アルバムです。オリジナルとしては、3年半ぶりに出た。日本版ボーナス・トラックが無い(と言うか、背面も被う帯(?)を除き海外パッケージそのまま)。

 全9曲58分。最短3分ジャストから、最長10分強の曲まで。
 大失恋(?)をして、そこから生まれたアルバムだそうな。1~6曲目まで、(歌詞冒頭に括弧つきで)9か月前~11か月後のカウント・ダウン/アップをご丁寧にしている(笑)。

 曲単位ではは、ちょっと印象が薄かったなあ。意図してキャッチーさを抑えたのか。6曲目「Notget」のオリエンタルな前奏や、最終曲「Quicksand(流砂)」エレクトロなリズムは少しくキャッチーだったけど……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

今野杏南『小悪魔あんな』

Koakumaanna 今野杏南のグラヴィアDVD『小悪魔あんな』(本編101+特典映像6分)を観ました。前に紹介しているグラヴィア・アイドルの、17枚目のDVDです。

 全シーン屋内撮影かつイージーな構成で、トータル中の中でした。
 小芝居は、ほぼ全シーンにて。シーン毎に、図書館司書・教育実習生・JK(笑)・恋人・愛人など各々ちがう。小芝居パートは、冒頭シーンのみヴォイス・オーヴァーが主体(官能小説風)。他シーンでは、台詞が主体である。台詞に比べて、V.O.は少し下手な気がする(笑)。

 着物姿は、(他者も含め)グラヴィアDVDで初めて観たかも。だからと言って、特段どうでもないけど(笑)。
 「バレリーナ」──本シーンのみ小芝居なし──時における、レオタード姿(ジャケット写真)はグッと来ました。ハイレッグなるもトゥーシューズゆえか、脚の太さ(筋肉質)と短さが際立っている(笑)。
 「愛人」──らしい小芝居は皆無である──時における、灰色カットソー姿が本作ベスト衣装かしら。襟ぐりが大きく谷間もろ出しで、ブラジャー無しである(ニップルとカットソーを張り付け)。前ボタンを全開にし、美麗おっぱいフォルムを見せてくれる。

 特典映像は、撮影合い間(自撮り)・短インタヴュー(?)・アップ後お言葉1.5分弱。
 短インタヴューは、今野さんの官能小説執筆について。2作目を書いていて(書いた?)、3・4hまとめて時間を押さえカフェで執筆するんだと。

# 今野さん自身は、スタイルを保って変わらず頑張ってると思います。でも、惰性で観続けるのに疑問を感じ始めて……(笑)。(今野さんの他にも5人ほど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

森恒二『デストロイ アンド レボリューション7』

Dandr07 森恒二『デストロイ アンド レボリューション7』(ヤングジャンプ・コミックス)を読みました。前に紹介している漫画の最新巻です。

 美形男子がセミナー受講者にイニシエーションを施し、覚醒者たちを私兵とする本巻。本気か否か、やがて己を神と称するようになり……。自らと私兵の力を使い、ついに日本へのアメリカの空爆展開を引かせる美形男子。世界中のTV局・ISSと跳び回り、アメリカ本土の軍艦隊(の一部)も沈めて……。
 一方たもとを分かった地味男子は、美形男子の顔バレから身バレ。第3巻では晴れた嫌疑ですが、美形男子との関係性から確定とされて。以前に疑いを持った女性刑事は、地味男子との接触でワンネスに触れることになり……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

佐藤衣里子『誘惑』

Sugarteacher 佐藤衣里子のグラヴィアDVD『誘惑』(114分)を観ました。前に紹介しているグラヴィア・アイドルの、3枚目のDVDです。

 やはりシェイプは素晴らしいけど、甘く見てトータル中の上でした。
 小芝居は、佐藤さんが教師の体。エア校長に調教(?)されていて、その屋上露出プレイをエア生徒(スズキ君)が目撃。口封じで生徒を誘惑し親密になるも、それも校長の命令だったと言う。そして最後は、校長が生徒を脅しての疑似3P──棒あめ同時2本舐めに至る(笑)。

 従来どおり、尻──プリけつ推し(脚長スレンダー・ボディも)。でも、ムーヴの貧弱さが残念かしら。極端に言えば、1カット1ポーズ(&身じろぎ)。流れるようなムーヴが、ほとんど見られない。
 衣装&露出は素晴らしい。基本、Tバック(非Gストリング)&変形ブラジャー。でも下品じゃない。
 演技は、やはりチョー棒読み&無表情。でも味を感じ始め、逆に楽しめるようになりました(笑)。

 ムタンガっぽい朱色レース製スリングショット水着(?)は、“衣装では”最大の露出。冒頭および最終シーンにおける。冒頭は、屋上プレイで(笑)。
 ジャケット写真の衣装は、白ショーツ背面(の会陰部より上)がシースルー。ゆえに本シーンのみ、おしり割れ目が見て取れる。
 ハイレッグ白レオタード(?)は、結構な切れ上がり&食い込み。でも、前からの股間ショットが少ないのが惜しい(笑)。
 全裸あお向けタオル(?)1枚のせ──胴中心線上への──は、スレンダー美ボディを堪能(笑)。
 全裸うつ伏せYシャツおしり載せは、同じくスレンダー美ボディを堪能。Yシャツ前ボタン開け時の、ブラジャー無し谷間も美しい。

 最後30秒は、アップ後お言葉。撮影時、寒かったらしい(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

椎名林檎『RingoEXPo08』

Ringoexpo08 椎名林檎の音楽DVD、『RingoEXPo08』を観ました。知人に頂いて。
 2008年11月30日に、さいたまスーパーアリーナで行われたライヴ。アンコール2回、全25曲ぐらい収録の(リニアPCM音声)。

 林檎さん、歌が上手ですねぇ。通常は癖が強いけど、お兄さんとカヴァー曲を唄った時そう思いました。口笛は、うまくなかったけど(笑)。
 大箱ですが、ほど良いエンターテインメントに感じられました。あくまで聴かせながら──過半の歌詞を聞き取れなかったけど(笑)──、やり過ぎないショーアップを施していて(旭日デザイン旗の是非は置いといて)。恒例か知らないけど、リンゴ切り/皮むきパフォーマンスは寒かったけど(笑)。
 バンド編成に加え、管弦楽奏者たち数十人(ラテン楽器も有り?)。それら演奏者すべてが、白衣を着ている(林檎さんは除いて)。

# 林檎さんの歌、1曲通しで聞いたこと有りませんでした(笑)。「ギプス」ぐらいまでのシングル曲は、聞き覚え有りましたけど……。本ライヴ以降では、朝ドラマ『カーネーション』主題歌およびNHKサッカー放送の歌ぐらい(後者は嫌い)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

清水みさと『みさとへ』

Misatohe 清水みさとのグラヴィアBD『みさとへ』(本編117+特典映像8分)を観ました。「DVD未収録の特典映像も収録!」の。
 前に紹介しているグラヴィア・アイドルの、10枚目のDVDです(BDとしては初)。

Gカップ清水みさとが、スク水姿に! - 日刊サイゾー
http://www.cyzo.com/2016/04/post_27515_entry.html

 甘く見ても中の中かしら。小芝居の内容──清水さん演じるキャラクターが、すごく嫌だったので(演技は悪くない)。
 小芝居は、清水さんが高2(笑)の体。エア幼なじみ同級生男子が居て、清水さんが一人二役で名無しの双子(?)の妹も演じている(後者は合成カットなど有るも、ほとんど設定が機能していない)。清水さんの役が兎に角わがままで、ずーっと不愉快。自分の頼みを他人に押し付け、その逆は断じて拒否。それを自明とし、しれっとしている。劇中「素直」と評される、そんなキャラクターで。

 乳ゆらし多し。衣装・シチュエーションは、年齢設定もあってか非セクシーな水着/下着が多し(セクシーな着くずしは有り)。

 ストライプ黄/白ビキニ(ジャケット写真)は、王道ながら良。乳ゆれ走りも同じく。
 青い競泳水着は、明らかな食い込みが良(笑)。まあ、アップで撮ったりしないけど。
 セミ腕ブラジャーは、マジックタイムの砂浜にて。波打ち際で、濡れそぼった薄地ドレス姿にグッと来る(笑)。
 黄緑サロペットスカート(?)は、おっぱいフォルムが絶品。脇ぐりが大きくブラジャー未装着ゆえ、おっぱい横フォルムが全見えで(ニップルは除く)。

 特典映像は、小芝居の本番/テスト比較・撮影合い間・没カット&NG(どちらも短時間)・アップ後お言葉3分強など。撮影はサイパン。最後の1分ほどは、まさに搭乗直前の滑走路にて(笑)。
 お言葉では、感極まって涙を一筋。やりたいこと/ものを詰め込んだ「思い入れ」の有る、集大成の如き撮影であった旨を述べて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

佐野真彩『カラフル』

Colorfulsano 佐野真彩(まや)のグラヴィアDVD『カラフル』(本編91+特典映像3分)を観ました。前に紹介しているグラヴィア・アイドルの、3枚目のDVDです。

 辛く見て中の上かしら。静かで刺激(≠過激)に乏しく、小芝居(CAとエア機長)が単調で。台詞まわしは、まあマシになったけど(笑)。
 もちろん佐野さんのシェイプは素晴らしく、弱ハイレッグの競泳水着およびレオタード(?)姿は良。健康的な浅黒さ且つ、綺麗な全身の肌。セクシーさは有るけど、かわいい大人(30歳)と言う感じで。

 ビキニは、パープルや金ぴか等。上記ハイレッグ以外の衣装では、前ボタン開けシャツ姿が良かった。豊乳未満(?)だけど、谷間が綺麗で(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »