« アラン・ガニョル/ジャン=ルー・フェリシオリ『パリ猫ディノの夜』 | トップページ | 鷹羽澪『ボクの妹はキャビンアテンダント』 »

2014年10月12日 (日)

葦原大介『ワールドトリガー1~6』

Worldtrigger0106 葦原大介『ワールドトリガー1~6』(ジャンプ・コミックス)を読みました。知人にお借りして。

 おもしろいですねぇ。既視感バリバリ──王道展開から逃げないところが潔くて。主役男子は、古き良き努力型(?)の成長タイプ。いまどきの無双──無敵の主役タイプではなく、相当する無双ぶりは別の準主役・脇役らが担っていて。
 新人訓練やら隊員ランキング云々が始まったときは、長々と続くのかと危惧しました。しかし早めに切り上げ後回しとし(?)、修羅場に移行して一安心(笑)。ストーリー展開のみならず描写レヴェルでも、個人/組織の目的・彼我の事情・政治と戦略と戦術・世界の謎などを並行させてるのも良し。
 明示的な伏線は、準主役女子の敵に拉致された親友&実兄の行く末。敵として再会……みたいな、王道展開に至るのか。加えて、かつて準主役男子を“事実上殺した”黒トリガー使いの刺客(フリーランサー?)もかな。

# タイトルのロゴが、『エヴァンゲリオン』みたい(笑)。TVアニメが始まりましたが、少年男女らの「首ちょんぱ」などが原作どおり描かれるのかしら。いかな戦闘体である──生身そっくりに構成された──とは言え……。

|

« アラン・ガニョル/ジャン=ルー・フェリシオリ『パリ猫ディノの夜』 | トップページ | 鷹羽澪『ボクの妹はキャビンアテンダント』 »

コメント

おじゃまいたします。
掲載誌のキャラ人気投票ではメガネくんが1位を取っており、キャプションの「持たざるメガネ」にはチョット笑えました。
結果について「作者冥利に尽きる」とのコメントがあり、なかなか感慨深いものを感じました。
ちなみに私は雷神丸と夏目出穂ちゃんが好きです。

投稿: しんしん | 2014年10月13日 (月) 23時26分

しんしんさん、いらっしゃいませ。

> 掲載誌のキャラ人気投票ではメガネくんが1位を取っており、キャプションの「持たざるメガネ」にはチョット笑えました。

 「大規模侵攻」の人型近界民が投入されてから読み始めたので気づかなんだけど、ちゃんと主役してたんですねぇ(笑)。

> ちなみに私は雷神丸と夏目出穂ちゃんが好きです。

 後者は、無表情な猫との絡みが素敵(笑)。
 わたしは、菊地原(風間隊)が好きだなあ。実力派の皮肉屋(?)ってのが。チャート表(5巻おまけ)だと文科系の最上位だけど、どういうのだろう。ハイカルチャー系か、あるいはサブカル野郎なのか(笑)。

投稿: 翡翠 | 2014年10月14日 (火) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200119/60440472

この記事へのトラックバック一覧です: 葦原大介『ワールドトリガー1~6』:

« アラン・ガニョル/ジャン=ルー・フェリシオリ『パリ猫ディノの夜』 | トップページ | 鷹羽澪『ボクの妹はキャビンアテンダント』 »