« 浪漫舎『ピンクノイズ』 | トップページ | チャップリンのニューヨークの王様 »

2013年6月 9日 (日)

Panasonic DMR-BZT720

 Panasonic DMR-BZT720──BD/HDレコーダーを買いました。2013年4月下旬に、近所のイオンモールのオープン特売にて39800円で。
 2012年2月発売で、HDD500GB、3チューナー。所持しているDMR-BZT710と同等の、後継マイナーチェンジ機です(次の2012秋モデルから、機能・製品構成など大きく変わった)。

ブルーレイディーガ BZT820-BZT720  ブルーレイ-DVDレコーダー DIGA(ディーガ) Panasonic
http://panasonic.jp/diga/blu-ray/bzt820_720/
価格.comマガジン 人気の従来機と新「スマートディーガ」、どっちを選ぶのが賢い?
http://magazine.kakaku.com/mag/kaden/id=691/?lid=exp_101415_kaden_top

 BZT710との、外観上の大きな違いは下記の通り。(どっちもどうでもいい)
Dmrbzt720_Dmrbzt720●S端子入出力およびD端子出力のオミット(映像/音声のRCA端子入出力は残置)
●高さのみ10mm増(430mm×59mm×199mm)

 機能などの違いは下記の通り。
●長時間モードの段数が増(上掲の価格.comページ参照)
 BZT710は、2~15倍の間の固定6段階。本機は1.5~15倍の間の固定21段階から、3つを選んでモード選択メニューに登録。
 従来はHEモード(4倍)を多用しましたが、本機では5倍──モード中のプリセット値を多用しています。
●「詳細ダビング」時に終了後の電源オフが可能
 「かんたんダビング(HD→BD)」時のみに設定できたオプションが、同じく可能になったと。
●BDムーブバック時の「コピー禁止信号」検査
 BZT710までは無かったのに。非プロテクトのもの(21.3GB)でも、その検査に10分弱かかりました。
●AACS V28(16進数「1C」)
 購入状態のソフトウェア版数1.18(2012年4月)で。最新ソフトウェア1.22(2012年9月)に更新しても、AACS V28のまま。
●m2tsファイル内の番組情報がスカスカ(だったり、じゃなかったり)
 rplsTOOLで見るに、「タイムゾーン」「放送局名」「チャンネル番号」“しか”入っていない場合“も”ある。もちろん本機が生成したrplsファイルには、ちゃんとフル情報が入ってますけど……(そのものが無い「内容詳細」を除いて)。
 発生条件は同録が有る場合と思しいけど、必ずなるわけでもなし。保存したい番組は、録画開始から数分は操作しない方がいいのかしら……(めんどくさ)。

 BZT710を含め、改めて気づいたことは下記の通り。
●長時間モード画質の良さ
 本機の5倍モードが、置き換えたDMR-BW690の4倍モードに比べて格段に綺麗である。地上波バラエティ番組などでも。エンコード時の違いか、あるいは映像出力時の違いか分かりませんが(BDに焼いて、旧機に持ってけば分かるけどね)。
 BZT710はアニメ・映画のDR録画が主体で、長時間モードの画質を気にしてませんでした(笑)。
●同時使用コーデックは2系統のみ?
 3番組の長時間モード同時録画は、1つが後から変換──DR録画して後に自動で当初の指定モードに変換(実時間)する──になる。また2番組の長時間モード同時録画中も、再生を始めると──録画中/済・DR/長時間モードの如何を問わず──1つが後から変換になります。
 直上に書いたBZT710使用事情ゆえ、これも気づいてませんでした……。

 2012秋モデル──USB3.0・高性能CPU化などが図られた──の値下がりを待たず、ほとんどBZT710と同機能の本機を買った理由は下記の通り。
●3チューナー以上の機種は、2TB以上のHDD搭載になった。ゆえに3チューナー機が、“比較的”安価に買えなくなってしまった。
●2チューナー以下の機種(HDDは1TB以下)は、「光デジタル音声出力」端子がオミットされた。(BZT720と同じ2012春モデルから)

# 3チューナー機の併用となったので、週末の0時前後などピーク時でも録り漏らしが無くなりました(笑)。(2チューナー機BW690は、サブ機としてリヴィングに回した)

|

« 浪漫舎『ピンクノイズ』 | トップページ | チャップリンのニューヨークの王様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200119/57548852

この記事へのトラックバック一覧です: Panasonic DMR-BZT720:

« 浪漫舎『ピンクノイズ』 | トップページ | チャップリンのニューヨークの王様 »