2018年2月18日 (日)

平井和正・石ノ森章太郎(原作)/七月鏡一(脚本)/早瀬マサト・石森プロ(漫画)『幻魔大戦 Rebirth 6』

Genmarebirth06 平井和正・石ノ森章太郎(原作)/七月鏡一(脚本)/早瀬マサト・石森プロ(漫画)『幻魔大戦 Rebirth 6』(少年サンデーコミックス スペシャル)を読みました。前に紹介している漫画の最新巻です。

 前巻に続き、ほぼ出ずっぱりの東丈。今回は、主役らしく(?)じゃんじゃんバリバリ超能力つかって(笑)。

 時舟により、異世界(?)に跳ばされた東丈。独り置き去りにされ、杉村遊奈・田崎と別れてしまう。地下帝国「幻魔領域」が在る世界で竜人に襲われ、影響を受け狂暴化する丈。何者かのテレパシーを受け、自分を取り戻す。
 砂の海が広がり、獣人や竜人が居る世界。いわゆるヒトは「異種」と呼ばれ、忌まれる希少な存在らしい。丈が拾われた「陸上戦艦(犬の帝国!)」では、そこに君臨する王のみが異種であった。
 その王の顔は、丈が戦ったヴァンパイア──ヨーロッパ神話人種の長の息子と瓜二つ。だが王には、この世界に現れた1年前より以前の記憶が無い。戦いにおいては、丈に匹敵し得る超能力者の王。彼は自らを幻魔と推測し、陸上戦艦で幻魔領域を目指す。
 幻魔領域に近づき、地上に降り立つ丈・王と数人。砂の海に顔を出すそこは、現代の新宿西口そのものの廃墟であった。丈はタイガーを幻視し、丈が東京壊滅を引き起こしたなる演説を聞く。我を失った丈が胸もとをさわると、なぜかベアトリスの簪(?)が有って……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

高遠るい『レッドマン・プリンセス1』

Redmanprincess01 高遠るい『レッドマン・プリンセス─悪霊皇女─1』(チャンピオンREDコミックス)を読みました。
 前に紹介している漫画家の最新連載作(?)です。『はぐれアイドル地獄変』はスルー(笑)してるので、高遠さんの漫画は『デビルマンG』以来。

 タイトル及びカヴァー絵──帯下でパンツもろ見せ──の通り、伝奇ものです。作中で「バキの話」かと突っ込んでる様に、アメリカvs.(200年前に死んだ)一人の戦いを描く。
 『CYNTHIA_THE_MISSION』のジェレミィ・フリードマンが、米大統領特使として登場。出自は同じくするようだが、(催眠術の如き)眩術を学んでいない並行世界なのかしら。
 内閣総理大臣が、あほっぽい童顔爆乳55歳(失禁癖あり)。チョイ役の周囲の政治家・文化人などは、現職者らをモデルにしてます。対策の有識者会議に、右寄りの面々もどきに交じって三浦瑠麗さんらしきが居るのが何とも(笑)。

 1813年10月5日。あるレッドマン──アメリカン・インディアン酋長テカムセが死んだ。未来永劫、白人を呪って。以後1840~1960年まで、“20年ごとに当選”のアメリカ大統領が“任期中”に(病死または)暗殺死。それを「テカムセの呪い」と呼ぶ。
 2020年を目前にした(?)、現代そっくりの日本(皇室関連の、尊称・組織名などが異なる)。そんな日本で偶然ある切っ掛け──あるいは深い縁によって、ある虚弱な高1女子の身体を「借り受け」──憑依してテカムセが復活。200年前は為し得なかった(?)超能力の如き精霊の力を行使し、アメリカ及び白人に本格的に復讐するために。その憑かれた高1女子こそ、日本のプリンセス──皇太子(?)の娘であった……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

アラン・レネ『二十四時間の情事』

 フランス/日本映画『二十四時間の情事』(1959年)を観ました。BSプレミアムでやっていたので。
 前に紹介しているアラン・レネ監督の映画です。「長編第一作」だが、もう次が『去年マリエンバートで』である……。

 約1.5h。意図的に噛み合わない(?)男女の会話がバックの、OPシーンが10分以上。原爆に関わる映像や写真・当時の広島の情景など映され、合い間に睦み合う男女の腕や背中の映像が入る。
 「無関心への恐怖」など、頭良さそうなオシャレ会話が満載。出会いが全く描かれず、別れが判然としないながらも……。

 1959年。夏(?)の広島。睦み合う、フランス人女と日本人男。どちらも、30代半ば且つ既婚者である。女は役者で、男は建築家らしい。
 映画撮影で、広島に来た女。再会を望む男に、女は翌日に帰国すると告げる。やがて語られる、女の過去。フランス解放前、故郷に来ていた若いドイツ兵と隠れて(?)付き合っていたらしく……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月28日 (日)

永瀬あや『VENUS』

Venusnagase 永瀬あやのグラヴィアDVD『VENUS』(66分)を観ました。前に紹介しているグラヴィア・アイドルの、6枚目のDVDです。2016年に出産され、丸2年ぶりに出た。

佐藤衣里子『VENUS』 と同じ、「no brand」作品。

 やはり素晴らしくも、辛く見てトータル上の下でした。演者・撮影・編集・BGMいずれも良。瑕疵は、狙ってか動きが小さいぐらい。
 沖縄撮影(詳細不明)。小芝居は皆無。インタヴューも無く、肉声も皆無。本編は全9シーン。
 大半で、へそ出し&非ニップルレス。後者は横ショットが新鮮だけど、「だから何?」って気も(笑)。
 経産婦ながら、以前に劣らぬスレンダーぶり。腹直筋へそ辺りが、かすかに出てるぐらいで。髪は更に伸び、肩甲骨の下端ぐらい。
 前記した動きの小ささですが、決して悪いわけではない。ゆったりと過ごすオフを、数メートル離れて眺める感じ。あざといショットは無く、ほぼ非キャメラ目線&笑顔が少な目ながらも。

 紺そで無しロングドレスは、スレンダーぶりが際立つ。一部シースルー&右すそスリットが深くも、エレガントな感じ。非ニップルレスだけど(笑)。
 ベージュ色ビキニは、かなりのローライズ。そして、ニップルレス(笑)。
 ニップルレス着衣(へそ出し&ローライズ)は、最終シーンにて。せせらぎ横をぶらぶらし、少しくドローン撮影。他シーンとは一転し、キャメラ目線&笑顔が多め。風景と相まって、すごく癒される。

# 出産・休業されたからって、フォロー(非ツイッター)を止めなくて良かった!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

木城ゆきと『銃夢火星戦記5』

Gunnmmc05 木城ゆきと『銃夢火星戦記5』(イブニングKCDX)を読みました。前に紹介している漫画の最新巻です。

 カヴァー絵は陽子(ガリィ)ですが、半分強まで承前の「仮面の怪人」過去エピソード。かつては、『ライフ・イズ・ビューティフル』主役の如きであった怪人。それが、シリーズ中でも1・2を争う(?)理不尽かつ露悪的な絶望を味わう。(怪人の妹は、伏線なのかしら……)
 そして明かされる、陽子の正体。まだ本当か分からないけど、本巻の前半に登場(?)したアレなのか……(笑)。

 身の潔白を保障され、投降する後の怪人たち。だが約束は守られず、監禁され続ける。やがて、奇病「人面腫」を発症する彼ら。みなが実験材料とされ、唯一生き残る後の怪人。ついに殺される間際、シドニア領主(に成った姫)に真相を明かされる。彼女自身が罹った奇病の為に、(ついでに?)人体実験されたのだと……。
 絶命した後の怪人だが焼却直前、奇跡的に息を吹き返す。老人の如く変わり果てた彼を、救い出す後のエーリカ父。投降前に二人で分け持ち、各々が隠した「火星の秘宝」の鍵──杖と本。やや回復した数ヶ月後、後の怪人が杖を隠した浄水場に赴く二人。そこで彼を殺そうとし、杖を奪わんとする後のエーリカ父。だが殺しきれず、後の怪人は杖を持ったまま落水。生き長らえる。だが既存の彼──善良なる人格は死に絶え、完全に怪人──悪と化してしまう。
 時は戻って(下って)、陽子&エーリカ。仮面の怪人とシドニア貴族の陰謀を知ったエーリカは、陽子&ニセ母親を連れだす。かつて自分たち──陽子を追っていた傭兵3人中の2人を雇い、護衛をさせ逃亡。そうはさせじと追いすがる、別人に雇われたらしい3人中の残り1人。極寒のシドニア領から、陽子&エーリカは脱出できるのか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

アピチャッポン・ウィーラセタクン『ブンミおじさんの森』

 イギリス/タイ/ドイツ/フランス/スペイン映画『ブンミおじさんの森』(2010年)を観ました。BSプレミアムでやっていたので。

 タイ北部の山里(?)。ゆったりとした夜のしじま。人生の黄昏。それらと寄り添う、この世ならざる者たち。夢幻的で、眠りへと誘われる(笑)。
 カンヌ最高賞を得たと言う本作。なるほど、河瀨直美さんのカンヌ受賞作を彷彿とさせる。

 タイ北部の農園。初老(?)のブンミおじさんは、ラオスからの移民らを雇い果樹栽培や養蜂を営んでいた。人工透析しているが、同居家族は居ないらしい。
 その農園を、親類2人が訪ねてくる。ブンミおじさんの妻の妹である、片脚が不自由な熟年(?)女性。血縁関係は語られないが、甥っ子らしい青年男性。体調が優れない(安定しない?)ブンミおじさんを、2人は見舞いに来たと思しい。
 親族3人の夕べ。団らんの食卓に、うっすらと中年女性が姿を現す。驚きつつも、受け入れる3人。彼女は19年前に亡くなった、ブンミおじさんの妻であった。はっきりとなった姿は、亡くなった42歳のまま。戸惑いつつも、昔話をする4人。
 少しして、階下から無言で昇ってくる真っ黒なシルエット。姿勢は人間の如く直立しているが、顔まで毛が生えた類人猿の如き容姿。それは自らを、ブンミおじさんの息子だと話す。驚きつつ、やはり受け入れる4人。ブンミおじさんは亡き妻に向かって、妻の死から6年後に息子が行方不明になったと説明。息子によると見かけた“猿の精霊”に興味を引かれ、森で追い続けるうちに自分もそうなったと。
 死期が近いと、自他ともに気づいてるらしいブンミおじさんら3人。その為と土地柄が重なり、この世ならざる2人が現われたと思しく……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

アメリカTVドラマ『ウエストワールド』(2016年)

 アメリカTVドラマ『ウエストワールド』(2016年)全10話およそ10.5hを観ました。録画BDを知人にお借りして。

 マイケル・クライトンが脚本・監督を手がけた、1973年の同一タイトル──直訳『西部』──の映画(知らなんだ)。そのリメイクだと言う本作ですが、設定や名称を借りたぐらいなのかも。
 おもしろかった。圧倒的スケールと、細密なディティール(グランドキャニオン(?)頂上の施設および無法者の町の、遠景CGIを除く)。お飾りじゃない豪華キャスト(エド・ハリス&アンソニー・ホプキンス)。『メメント』を彷彿とさせる、ジョナサン・ノーランによる複雑さ。ループ表現も、いい塩梅で嫌にならない。

 グランドキャニオン(?)に開園して30数年が経つ、西部劇テーマパーク「ウエストワールド」。広大な施設であるが、唯一無二の売りは人間そっくりの「ホスト」と呼ばれるロボットたち。シナリオに沿って基本はループ行動するが、人格や感情の如きを備え即興能力を有し、自分たちをロボットだと思っていない。
 老若男女(に作られた)、多種多様のホストたち。無法者も居るが、実際にゲスト──富裕層の客を傷つけたりはしない。逆にゲストは、ホストを凌辱・殺害(破壊)しようが自由。MMORPGの如く(?)、善玉あるいは悪玉になるも自由。クエストの如きシナリオに参加するも、だらだら町で過ごすも自由。MMORPGとは違って、知らないプレイヤー──ゲスト同士が交流しない(させない?)ものらしいが。
 高額でありながら、ずっと盛況らしい園。そんな園で、ささやかなホスト異常行動が幾つか発生していた。古くからの個体で、最近のアップデートを施された一部において。ループ巻き戻し時や、役柄変更時に為されるメモリー消去。その消えたはずのメモリー──記憶を、思い出したが如き個体が現われて……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル 2016トリビュート

Soulflowertribute 『ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル 2016トリビュート』を聴きました。
 前に紹介しているバンド及び前身バンド(の片方である後者)への、トリビュート盤です。なにゆえか、日本クラウン発売の。

 全14曲64分。みんな素晴らしいけど、ニューエスト3枚目フル・アルバムからの選曲が無いのが寂しい……。

 大森靖子さんが唄う「ソウル・サバイバーの逆襲」は、オリジナル版ニューエストで初めて聴いた(観た)曲。サイケデリックなPVと相まって、一発で虜になった。本カヴァーでは直枝政広さん(カーネーション)がサウンド・プロデュースし、エレクトロ且つポップなアレンジ(ギター&プログラミングも担当)。加えて、トリビュートされる側の奥野さんが鍵盤で参加している(笑)。
 フラワーカンパニーズが演奏する「そら~この空はあの空につながっている」は、曲の良さを再確認させてくれました。おだやかな1コーラス目の後、テンポアップしてバンド全奏となるアレンジも気持ちいい。
 怒髪天が演奏する「エンプティ・ノーション」は、サウンドがリッチ且つ重厚。増子さんの歌は、常どおり(?)ねっとり濃厚(笑)。スカスカっぽい(?)、初期ニューエストの原曲とは対照的。
 曽我部恵一さんが唄う「秋の夜長」は、これぞ熱唱で最高!ギター弾き語り一発録り(?)で、何気ない日常の曲ながら聴き手を高揚させる。

# ニューエスト・モデルは、古今東西オールタイムで最も好きなバンド。特に、3枚目フル・アルバム1曲目が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月17日 (日)

手塚治虫(原案)/ゆうきまさみ(コンセプトワークス)/カサハラテツロー(漫画)『アトム ザ・ビギニング07』

Atomthebegin07 手塚治虫(原案)/ゆうきまさみ(コンセプトワークス)/カサハラテツロー(漫画)『アトム ザ・ビギニング07』(ヒーローズコミックス)を読みました。前に紹介している漫画の最新巻です。

 ロボット間で、心について対話される本巻。形而上的……。
 A106の足が、2本指──足袋の如きブタ足であると初めて(?)描かれました。いままでずっと、クロックスの如きを履いてたので……。

 バルト部隊に「急所」を攻撃され、ピンチとなるA107。それを受け、自らの戦闘プログラムを「書き換え」。逆に、バルト部隊を圧倒し殲滅。フィールドに唯一生き残った、マルス──量産型バルトの基になった──と対峙する。
 パワーなど諸元で上回るが、経験値の差で片脚を奪われるA107。既にマルス部隊に予備バッテリーを奪われていて、本体バッテリーも底をつく。絶体絶命──電子頭脳を破壊される寸前、兄のA106──女子2人により緊急停止から修復された──が駆けつける。
 マルス及びA106の因縁の再戦。怒りに燃える(?)A106は、性能で上回るマルスに伍す。加えて無線通信を封じられたマルスに対し、ライトの明滅を用い交信を行う。対話により、自身の感情の如きの芽生えを認めるマルス。しかし、その効用をA106とは逆に否定。
 死闘の末、マルスを追いつめるA106。だが寸前で機能停止。そこに割って入る、ブレムナー伯爵およびノース。A106およびA107を回収し、会場から去ってゆく。
 ノース以外の参加ロボット全て(?)が破壊され、WRBは初日で中止。帰国した主役たちに、ブレムナー伯爵から完璧に修復されたA106およびA107が届く。2体を起動すると、A107が心変わり。怖いもの知らずだったWRB前と異なり、破壊・被破壊ともに忌避。自らの能力に、自ら制限をかける。飛行ユニットを無効化し、パワー上限を半分に抑制。何やかんやで、主役たち7研に平穏が戻った如きに見えて……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

ハリウッド実写版『銃夢』公式トレーラー

 ハリウッド実写版『銃夢』公式トレーラーが公開されました。

alita Battle Angel  Official Trailer [HD]  20th Century FOX - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=aj8mN_7Apcw

 CGIで、役者の目を巨大化させたと思しいアリタ(ガリィ)。ブライス人形みたいで気持ち悪いけど、原作絵に似てる気がする(笑)。
 ストーリーは、ユーゴ編──モーターボール編の前までを描くのかしら……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『メイドインアビス公式アンソロジー』