2017年7月23日 (日)

J・J・エイブラムス『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

 アメリカ映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013年)を観ました。BSプレミアムでやっていたので。前に紹介した映画の続編です。

 本作の敵、名前だけ聞き覚えが(笑)。
 惑星連邦の宇宙艦隊って、軍じゃないんですね。それが素敵。宇宙探査は、軍の従たる仕事と思ってました(笑)。
 クライマックスの復活&その為の空中アクションを除き、ほぼ素晴らしかった。折角ひねったストーリー展開だったのに、コア突入時点で分かっちゃうイージーさで……。

 宇宙歴2259年。カーク船長は、U.S.S.エンタープライズによる未開惑星の探査任務で逸脱。未発達文明(?)不干渉の規則を犯して、惑星の大規模火山災害を未然に防いでしまう。それをカークが隠蔽するも、副長スポックが事実を報告。カークは降格され、他船の副長へと転任。エンタープライズ船長には、パイク提督が復することに。
 時を同じくし、ロンドンの地下に在る「艦隊のデータ保管庫」で大きな爆破事件が発生。すぐに主犯が判明するも、事件後に(封鎖をして?)地球圏からワープした痕跡は見られない。サンフランシスコの宇宙艦隊本部は、艦長&副長らを緊急招集する。
 カーク“副長”も召集され、本部の対策会議に出席。その場の長たる(?)マーカス提督は、まだ遠くへと逃げていない主犯の追撃を指示。会議中、爆破事件そのものを訝るカーク。そもそも公開されてるデータの破壊が目的ではなく、艦長&副長を一ヶ所に集めるのが目的ではないかと推理。それを具申した直後、ビル外部から銃弾が雨あられと打ち込まれる。辛くも会議室(?)から逃れ、廊下からガンシップ(?)に応戦するカーク。機転を利かして、ガンシップを墜落に追い込む。その間際、操縦席から転送で消える主犯の顔を目撃。機体の大きさから、転送装置を詰めるはず無いのに……。
 ロンドンにも増して、質的にも甚大な人的被害。カークの大恩人パイク提督も、スポックの目の前で絶命。今度こそ高跳びした主犯の逃亡先が、連邦と敵対するクリンゴンの居住不可能惑星と判明。カークはマーカス提督に、自分を艦長に戻しての追撃任務を懇願。クリンゴンを刺激しないよう、艦隊ではなくエンタープライズ単艦での。提督は応じ、「データ保管庫」の正体を明かす。実態は偽装した極秘支部で、特殊な技術開発を行う部隊であったと。今回の主犯は、その一員であると。そこで開発した新魚雷を授け、提督はカークに主犯の抹殺を命ずる。
 主用クルーをほぼ元のまま、地球圏から飛び立つエンタープライズ。だが機関長(?)スコッティが、出発直前に降船。得体の知れない新魚雷が、ワープ・コアに及ぼしかねない悪影響を強く懸念。ゆえに積載を反対し、カークに辞任を申し出て。入れ替わりじゃないが、新たに若い女性の科学士官が乗船。自分が居るから、不要な人事と不満を述べるスポック(笑)。
 主犯の抹殺命令を、超法規的だと反対するスポック。恩人パイクの死を想い、げんなりとするカーク。だがスポックの助力は欠かせないので──それだけではなく感化もされて?──、一存で任務を逮捕優先に切り替えるカーク。目的惑星──砕けた月が接触している?──近くで、かつて拿捕した小型民間船で飛び立つカークたち数人。しかし主犯しか居ないはずの惑星で、複数のクリンゴン歩兵輸送機(?)と遭遇。降伏し交渉を試みる最中、何者かが現われクリンゴン人たち全員をほぼ独りで一掃(カークたちも応戦した)。その者こそ主犯だったが、カークたちには無攻撃(と言うか守った)。カークから積んできた新魚雷の数を聞き出し、あっさりと投降。真の名前も明かして……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

ACO『Valentine』

Valentineaco ACO『Valentine』を聴きました。前に紹介している自作歌手の、2015年12月に発売されたオリジナル10枚目のアルバムです。

音楽家たちも放っておけないほど稀有な存在、ACOの魅力を紐解く - コラム  CINRA.NET
http://www.cinra.net/column/201512-aco

 全10曲32分(内、インストゥルメンタル2曲2分)。基本、オーソドックスなバンド編成(ACOさんのみ自演/プログラミングの、インストゥルメンタル2曲を除いて)。そして基本、気だるい(笑)。

 5曲目タイトル曲が、最も好きだなあ。キュート且つコケティッシュで、とりわけの囁き歌唱。ミディアム調で、母胎内(笑)を連想するトラックも心地よい。
 7曲目「鳥になった男」は、カフカ『変身』を思い出す奇矯な歌詞。比喩か否か分からない。
 10曲目「未成年」は、岸田繁さん(くるり)とのデュエット。慈愛深い歌詞が、ACOさん母親だなーと思わせる(笑)。

# ジャケット写真。確か10代で入れた、蝶タトゥー(左足首上)が健在でイイね!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

北内みさと『Journey』

Journeykitauuchi 北内みさとのグラヴィアDVD『Journey』(本編90+特典映像8分)を観ました。
 1992年11月生まれで、本作が1枚目DVDである北内さん。あざとくも逸材で、ファンになりました。

 辛く見て、トータル上の下でした。初めてながら、股間ショットも多くて(笑)。
 小芝居は達者。北内さんが、エア恋人と海辺に旅行に来た体。さり気なくも、ワザとらしい台詞まわし。表情も多彩。イチャイチャ感が、あざとくも可愛らしい。

 腕・脚は長くなく、胴は長め。太もも&腹部が、がっちり肉感的。おっぱいは、豊乳と爆乳の中間ぐらいかしら。やや外向きながら美フォルム(笑)。腰幅が有るも、おしりはキュッと締まっている。
 顔だちは、高崎聖子さん似かしら。若干しゃくれで、少々エラが張った感じが。やや老け顔だけど(笑)、そばかすが好印象。明るい笑顔・切なげな流し目・ハニカミで、文句なしの美形じゃないけど惹きつけられる。

 黄色ビキニは、がっつり下乳見せ。砂浜を走り、オーソドックスに乳ゆらし。日焼け止め乳液で、あざとく谷間にハートを描いたり。
 青灰色の下着姿で、ベッド上をごろごろ。控えめなムーヴで、疑似ポージング(後背&正常)。四つん這いを、真後ろから撮るのが新鮮(笑)。
 ハイレッグ水色レオタードは、本作のベスト衣装&シーンかしら。かなりの切れ上がりで、腰まわり&太ももが最も際立つ。Y字バランス姿が、曰く何とも言い難い(笑)。バランスボールに座しての、前後横から撮った長尺ゆったり上下動がグッド。
 謎の乗馬服(笑)は、最終シーンにて。黒いジャケット&ヘルメット&ブーツと白パンツ姿で、手には乗馬ムチ(?)。笑顔で「調教してあげる」とエア恋人を叩くも、すぐに逆襲され臀部をムチ打たれる(笑)。

 特典映像は、ほぼほぼトーク。撮影前後・合い間に、自己紹介・意気込み等を述べる。
 口調は、小芝居よりもブリッコ調。吉木りささんみたいで、あざとい笑顔に目が笑ってない感じが似ている。でも、それがいい(笑)。
 水色レオタード姿で、一瞬(本人曰く)ジャズダンスを披露。トーク内容は、料理好きや入浴についてなど他愛もない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

川口まどか『死と彼女とぼく イキル3』

Ikiru03 川口まどか『死と彼女とぼく イキル3』(BUNKASHA COMICS)を読みました。前に紹介している漫画の最新巻です。

 シングルマザー霊能者&霊「イキル」のエピソード群と、本編『死と彼女とぼく』がクロスしてきました。直接の対面は(回想としても)描かれないけど、ゆかりがシングルマザー霊能者&霊「イキル」の過去世にまで言及して。あるいは、ゆかりが言う通り「おとぎ話」──劇中劇なのかしら?
 異種動物間や、人間から動物への転生が(動物によって)語られた本巻。あと生前に悪事を為した者が、霊になってから酷い目に遭っていると……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

日本語USB接続キーボード Digio2 FKB-U244

Fkbu244_1 Digio2 FKB-U244──あのナカバヤシ(笑)が販売する日本語USB接続キーボードを買いました。2017年3月下旬に、ヨドバシカメラにて1090円で。

 主用諸元は、日本語キー108+ワンタッチキー13・メンブレン式・キーピッチ約19mm・キーストローク3mm+-0.2mm。
 右Windowsキー(日本語キー109だと右Ctrl横)とメーラー起動キーが無いのが残念ですが、それ以外は不足ない。

Fkbu244_2 要らないワンタッチキーは、「マイコンピュータ」「読み込み中止」「再読み込み」。それぞれ、Windowsショートカット「Windows + E」「Esc」「F5」で代用できるから。
 よく使う「ブラウザ」「戻る」「進む」も代用できるけど、これらは有ると便利。Windowsショートカットだと、キー2つ同時押しだからね……(マイコンピュータは、頻繁に出さないので)。

Fkbu244_4Fkbu244_3 テンキーの上に、ブラウザー操作キーが4つ。残りは、Fキーの上に。
 いま使ってる品は、PS2接続(笑)日本語キー109+ワンタッチキー15。Windows2000時代のだけど、不具合も無く──左右の人差し指を置くF・Jキートップ上ボッチが無くなりそうだけど(笑)──まだまだ使うつもり。それはそれとて、USB接続の予備品を持ってても良いかなと。ワイヤレス品が主流になり(?)、ろくな代替品が入手できなくなる恐れも有るので……。

 本製品を買う直接の切っ掛けは、去年CDプレーヤーが壊れたこと(笑)。ゆえに音楽をステレオ鑑賞──パッシヴ・スピーカー出力する場合、PCからアンプへとディジタル出力するのが(現状の)最適解となったから。
 そうすると機器配置上、リスニング・ポジションからPCキーボードに手が届きにくい。常にPS2延長ケーブルをかましておいて、途中で抜けるのを気にする──PCがフリーズするのも嫌。
 なのでUSB接続キーボードが有れば、(PS2接続キーボードを繋いだままでも)ステレオ鑑賞時だけ抜き差ししてリスニング・ポジションまで持ってこれます。USB3.0延長ケーブルをかまして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

TVアニメ『メイドインアビス』

 TVアニメ『メイドインアビス』が、7月7日(金)より始まります。BS11だと、深夜27:00から。

TVアニメ「メイドインアビス」公式サイト
http://miabyss.com/

 原作が大好きなので、うまくアニメ化して欲しいなー。同じく原作が大好きなTVアニメ『アトム ザ・ビギニング』は、残念な仕上がりだったけど……(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

カトウタカヒロ『ジンメン2』

Jinmen02 カトウタカヒロ『ジンメン2』(サンデーうぇぶり少年サンデーコミックス)を読みました。前に紹介した漫画の、最新から一つ前の巻です。

 やはり粗いけど、勢いを保っている本作。前巻と同じく、いい人に増してゲス人間が生き生きと描かれている(笑)。

 ジンメン──人面化した動物が人間を襲い始めた日の午前10時ごろ、不二山を中心に直径数十km(?)の範囲が陥没。ぐるり周囲に、生身では渡れない幅と深さ(と高低差)の溝も生じて。にも拘らず、外部では死者ゼロとの政府発表。ジンメン「ブタ園長」──殺された人間「ブタ園長」ではなく──が「動物公国」樹立を動画サイトで宣言するも、ジそれについても全く触れられず……。
 (そもそもジンメン騒動は知らないが)疑わしい政府発表を受け、ヘリを飛ばす報道各社。だがヘリが巨大溝に差し掛かると、電子機器が狂い一斉に墜落し始める。ほとんどのヘリが溝に(?)落ちるも、1機が主役らがSOSしていた学校舎屋上に激突。女性記者1人が助かり、主役たちに同道することに。彼女の提案で、陥没地内の自衛隊駐屯地を目指す。
 「B級のパニック映画みたいな」ジンメン騒動について聞き、にわかには信じられない記者。だが駐屯地へと向かう道中、いままで以上の事態を目にすることに。ジンメン化ネズミが人間の首筋に張り付き、人間狩りや労務作業に使役。命令に反すると、頸動脈(?)を食いちぎり殺害。人間牧場では、檻内で餌を口に詰め込まれる人間たち……。
 ジンメンのみならずゲス人間たちにも苦労しつつ、ようやく駐屯地に辿り着く主役ら。電子機器妨害への対策が為された大型輸送ヘリコプターが複数機あり、安堵する一同。しかし自衛隊員たちは、挙動不審な様子。一方そこには、ふてぶてしい様子の若手サファリ職員たちもいた。職員みな何処となく異相で、主役たちに──主役に関して思わせぶりな言葉を投げつけ……。

 前巻と同じく、巻末描き下ろし(?)4コマ漫画&カヴァー下の前後表紙にヒロインのエロ絵が(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

森恒二『デストロイ アンド レボリューション9』

Dandr09 森恒二『デストロイ アンド レボリューション9』(ヤングジャンプ・コミックス)を読みました。前に紹介している漫画の最終巻です。

 結末は悪くないけど、最終話と一つ前の話の間の省略(?)がなー。描いたら蛇足なんだろうけど、台詞でだけでもアメリカに報いたのか否か言及して欲しかった……。
 最終話および「あとがき」で明かされた“答え”は、アジモフ『ロボットと帝国』を思い出させます。でも人為とも言い難いので、イデの意思の如きなのかも(笑)。

 ISS爆破に際し、思わず美形男子を救ってしまった地味男子。報復にと、脱出したスペースシャトルを燃え尽きさせる美形男子。
 かつての友と完全に決別し、警察に協力を申し出る地味男子。美形男子および彼の仲間の居場所を特定し──互いに特定し得る──、殺害・攻撃させる方法で。国内では警察が、海外では軍などが実行する。
 仲間を減らし、ロシアに集結する美形男子たち。その時点では、まだ地味男子が誘導したとは思っていない。そこに為される、ロシア攻撃機(スホーイ?)による爆撃。3名のみが生き残り、ようやく地味男子の抹殺を決意する美形男子。
 だが真っ当に戦っては、地味男子に敵うはずも無いと判断。そこで更にアメリカ軍を攻撃し、自分への核攻撃を決意させる。そんな自分をおとりにし、地味男子が逃げられない状況──同級生女子が居る東京へと核攻撃を誘導。事態は思惑どおり進み、SLBMが都心に着弾して……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

ジョセフ・コシンスキー『オブリビオン』

 アメリカ映画『オブリビオン』(2013年)を観ました。BSプレミアムでやっていたので。

 トム・クルーズ主演のSF映画。アイディアは良いと思うけど、いろいろと残念な。退屈しないけど、ワクワクもしない。

 2077年の地球。天空の月は砕け、その影響の自然災害および放射能で地球環境は激変していた。60年前に突如エイリアンが現われ、月を破壊し地球を攻撃。核兵器をも用いて地球人も応戦。辛うじてエイリアン主力(?)に勝つも、地球は生き残った全人類が住み得る環境ではなくなってしまった……。
 そんな地球上に、“たった2人”で黙々と任務をこなす男女が居た。任務に支障をきたすからと記憶を消され、大気圏外(?)の巨大「宇宙管制センター」から赴任して5年。彼らの任務は人類がタイタン(木星の衛星)に完全移住(?)するために必要な海水の採取プラントの監視と、そのプラントを警備するドローンの整備であった。エイリアンの残存兵力が地球に隠れており、ゲリラ的に(?)採水プラント及び警備ドローンを攻撃していたのだ。パートナーは通信担当士官で、高層タワーの先端──基地に籠もりきり。一方、主役は(主に?)飛行体での外回り。非“汚染地域”のパトロールと、故障し立ち往生した警備ドローンの修理など。
 残り任期2週間を切り、廃墟──半ば埋もれた“戦前”のタワーから怪電波が出ているのを発見する主役たち。それは宇宙へと発信され、内容は地表の特定座標を示していた。その廃墟タワーにて、展望台と備え付け双眼鏡に既視感を覚える主役。自分が産まれる前の、かつてのニューヨークの建造物。実際に知るはずの無い、夢の中の情景の一部であった。
 電波が示す地点へと向かう主役。すると上空に赤熱化した物体が現われ、座標地点に激突。到着し調べると、それはNASAの宇宙船であった。破損した船体近くに散らばる、無事と思しい数個の「デルタ睡眠」カプセル。船体内にも、カプセルが1個。その中で眠る女性は、主役が見知った顔であった。あの昔日のニューヨークの夢で何度も会った、現実には知らないはずの……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

BUFFALO ギガスイッチングハブLSW4-GT-5EPL

Lsw4gt5epl BUFFALO LSW4-GT-5EPL──5ポート「ギガスイッチングハブ」を買いました。2017年2月下旬に、Amazonにて1876円で。

Giga対応 スイッチングハブ プラスチック筐体-電源外付けモデル  LSW4-GT-EP-Dシリーズ  BUFFALO バッファロー
http://buffalo.jp/product/wired-lan/lan-hub/lsw4-gt-ep_d/

 製品ページ名どおりの、何の変哲もないハブ。特徴として、下記などを謳っている。
●使用中のポートのみに電力供給する「おまかせ節電」
●「ループ検知」機能でネットワーク障害を軽減する
 後者をスタンドアローンで試すと、パワー&当該ポートのランプが1秒間隔で点滅。パワーの方の色が、緑(通常時)から赤に変わって。

 気になったのは、DCプラグ部がL字型じゃないこと。本体は小さいけど、ゆえに省スペース的に奥行き2cmぐらい損(?)している。

 使用ルーターは、LAN100Mbpsの4ポート品。基本、PC複数同時使用は無し。NAS等も未使用。ゆえに本ハブは不要で、継続使用はせず。
 なのに買ったのは、本ハブを含めた値下げアナウンスを知ったから。で、安いから1個ぐらい持っててもいいかなー、と。手持ちハブが、ADSL時代に買った4ポート10Mbps品だけなので……(笑)。

# ちなみに下記「ブロードバンドスピードテスト(回線速度・通信速度測定診断サイト)」で、1回だけダウンロード110Mbpsぐらい出ました(光VDSLで、日中は概ね80Mbps台)。ルーター直結100Mbps接続なのに、なんでだろう?(笑)

http://www.bspeedtest.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«川崎あや『愛しのあやカーブ』