2017年2月20日 (月)

手塚治虫(原案)/ゆうきまさみ(コンセプトワークス)/カサハラテツロー(漫画)『アトム ザ・ビギニング03』

Atomthebegin03 手塚治虫(原案)/ゆうきまさみ(コンセプトワークス)/カサハラテツロー(漫画)『アトム ザ・ビギニング03』(ヒーローズコミックス)を読みました。前に紹介している漫画の、最新から一つ前の巻です。

 冒頭は、天馬の5年前──「大災害」時の回想シーン。(消防が)両親が救出できず、それが超人の如きロボット開発を目指す端緒となったらしい。またA106が見た夢の如きでは、アトム誕生と思しい瞬間に例の髪型&あごひげ顔のシルエットが……。
 主役2人は、ロボット開発の目指す到達点について口論。お茶の水は「友達」、天馬は「神」の創造を志向していて……。
 作中および巻末おまけページで、AIについて概説。「チューリング・テスト」は聞いたことあるけど、「哲学的ゾンビ」の概念は知らなんだ……。

 無人島に現れた、バルト──マルス型の廉価版ロボット集団。A106らの危機に、ブレムナー伯爵および飛行ロボット「ノース」が救援に現われる。2体が協同してバルトを駆逐後、島の基地(?)に潜入。無人の内部で、コンピューター記録データをハッキング。それによるとは「大災害」は、「BUGS」なるの実証実験(?)による想定を超えた結果──人為的に起きたものだったらしく……。(ここまで前巻)
 だが間もなく、基地が自爆モードへと移行。(大きくて入れず)待機していたノースに天馬・お茶の水・ブレムナーを託すも、A106は間に合わず吹っ飛ぶ島もろとも海中へ……。浸水によるオシャカ寸前で、ノースが“自発的に”救出。その際にA106は、自分の手が人間の様になった夢の如きを見て……。
 帰還後、学内で拉致されそうになる2人。A106が防ぐも、銃撃にさらされる。そこに救出に現れたのは、佐流田教授(は直前に登場)の娘。「国際犯罪調査機構」の特殊捜査部員で、日本政府も調査対象だと述べて……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

河瀨直美『あん』

 日本/フランス/ドイツ映画『あん』(2015年)を観ました。BSプレミアムでやっていたので。
 前に紹介している河瀨直美さん監督の映画です(脚本も)。ほぼほぼ東京都東村山市が舞台の。(音楽関係が、フランス担当っぽい)

 重い題材ですが、淡々とした抑えめの演出。お涙ちょうだいとなる、決定的シーンは避けて。以前の同監督『萌の朱雀』『殯(もがり)の森』の如き、映像“のみ”で心を揺さぶるエモーショナルなシーンも無し。それだけに、抑えめの悪意──無理解・無関心が突き刺さる(浅田美代子さん、お見事!)。そして、抑えめの善意──関心・コミットメントも。
 美しい映像が印象的だった、『萌の朱雀』と『殯(もがり)の森』。それらに対し、久米川駅周辺の冴えない光景(笑)──桜並木はいいけど──が過半の舞台である本作。逆に美しい映像の舞台となったのは、後半で訪れる同市内のハンセン病療養所。園内の木々と、古そうな平屋の群れ。本当の末端欠損者“も”出演する、おだやかそうに“見える”元患者たちの姿をさり気なくもワザとらしく(?)映して……。
 『萌の朱雀』『殯(もがり)の森』と違って、著名キャストらが主/助演した本作。最も素人くさかったのは、主役らと関わりを深める女子中学生役。その内田伽羅さん、(永瀬正敏さんと)W主演した樹木希林さんの孫だったのね。いい雰囲気で良かったけど、若かりし頃の祖母の方がルックスいいよね(笑)。(母親は、観たこと無い)

 桜が満開の季節。気だるげ(≠いい加減)に黙々と、どら焼きを独り製造・販売する中年男性(永瀬正敏)。小さなビル1階の店を任され、直ぐ近くの部屋で寝起き。ほぼ部屋と店を往復するのみの、半径数百メートルで暮らしているらしい。
 そんな店に、アルバイト募集の張り紙を見て老女(樹木希林)が申し込んでくる。時給600円と安いので、年齢不問でしていた募集。だが流石に、老女が76歳と聞き断る中年男性──店長。あしらうように、どら焼きを与えて帰してしまう。
 再び来店し、どら焼きの感想を述べる老女。曰く、皮は悪くないけど餡が良くなかったと。そして自作の餡(粒あん)が入ったタッパーを、店長に押し付け帰ってしまう。一度は捨てるも、餡をなめてみる店長。その美味しさに驚き、何度も舐めてしまう。
 また老女が来店し、店長は餡の感想を伝え勧誘。餡だけでも作ってほしいと。喜んだ老女は、翌日から来ると言う。11時開店に合わせ、餡の仕込みに日の出前から出ると。店長一人──業務用の餡を用いると、9時から仕込み開始だったのに(笑)。
 50年以上、餡づくりしていたと言う老女。だが若い頃の病気で指が曲がり、力仕事は出来ない。店長も早起きし、餡づくりを手伝い・教わる。小豆への感謝を述べ、じっくり丁寧に餡をつくる老女。うんざりする店長だが、出来立ての餡&その餡を用いたどら焼きの美味しさを喜ぶ。曰く、甘いもの苦手だけど食べられると。その言い様に、あきれつつ喜ぶ老女であった。
 餡が変わって、店はクチコミで近所の評判に。小規模ながら行列が出来、仕込み分が無くなり完売してしまう時も。そんな日々の夜。店長が独り片付け中、オーナー女性(浅田美代子)が店を訪ねてくる。自分の友人も来店し、老女の曲がった指を見て「らい病(ハンセン病)」じゃないかと言われたと。(かつて特効薬が無かった時代の)末端欠損者の話などをし、店に悪影響が出るんじゃないかと。やんわり抗議する店長に、かつて自分たち夫婦が何がしかの慰謝料を肩代わりしたと述べるオーナー女性。無神経に手をアルコール消毒し、店を任せているからと述べ解雇を促す。
 やるせなさに憤り、飲んだくれる店長。翌朝寝坊し、老女が電話をかけてくる。二日酔いの為か、体調不良を理由に休むと告げる店長。餡だけ仕込み帰ると、了承する老女。だが仕込みが終わるころ、店外に開店を待つ客が。不自由な手で不出来ながらも皮を焼き、接客もして店を切り盛り。午後(?)店長が遅出すると、まだ老女の姿が。本日2度目の餡づくり中で、ことの顛末を話し朝に仕込んだ分は使い切ったと。ひどく疲れてそうだが、嬉しそうな老女。それを見て吹っ切れ、好きなだけ働いてくださいと述べる店長。今日のように、良かったら接客もしてくれと。
 だが裏腹に──いや懸念通り、客が激減してしまう。オーナ女性の友人が、あるいは別の誰かが無理解な噂を流したのか……。そんな客足が途絶えたある日、店長は老女に早上がりを促す。悪意ではなく、おそらく善意で。だが察したらしい老女は、間も無く(?)店を辞めてしまう。
(中略)
 再び桜が満開の季節。店長は花見で賑わう公園で、どら焼きの露店を出していた。かつての下を向いた仏頂面ではなく、胸を張り顔を上げて。おそらく餡は、老女の作り方をベースにして……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

山口貴由『衛府の七忍2』

Efuno7nin02 山口貴由『衛府の七忍2』(チャンピオンREDコミックス)を読みました。前に紹介した漫画の、最新から一つ前の巻です。

 六花・波裸羅が、やはり作者スターシステムから登場。後者が体制側に付くので「七忍」は反体制に限らないのか、あるいは「七忍」外なのか。
 六花は、カクゴ・憐と同じく殺された時に覚醒。波裸羅も近しいけど、生まれ落ちた直後に覚醒したらしい。
 六花も「化外の民」で、飛騨の錫杖岳で育ったアイヌっぽい感じ。大食い属性は継承。権左衛門(『シグルイ』)似の好漢(元武士)と、とても良い関係を築いたのに……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

つくしあきひと『メイドインアビス4』

Maidinabyss04 つくしあきひと『メイドインアビス4』(BAMBOO COMICS)を読みました。前に紹介している漫画の、最新から一つ前の巻です。

 冒頭シーンは、ロボットの朧げな記憶。殲滅卿──主役の母と、同行していたと思しい……。

 治療の甲斐あって、無事に意識を回復した主役女児。左手は、まだ親指が僅かに動くだけだが……。意識が無い間、成れ果て男児のパートナー女児の魂(?)を感知し夢見ていたらしい主役。その事が主役の生を長らえ、意識の回復にも繋がったらしく……。
 主役は自分たちへの同道を、成れ果て男児に要望。あっさり了承され、冒険への準備に勤しむ3人。成れ果て男児のアジトを出発し、4層の上層(地下7500mぐらい?)から5層の最下部(13000m)──帰還不可能地点の入り口である「前線基地」に到達。
 その前線基地の主こそ、外道の黎明卿。成れ果て男児の恨みを押し殺す3人を、素知らぬ風で迎える黎明卿および「娘」と称する女児。前線基地で生まれ育ったらしい彼女だが、成れ果て男児が居た時は存在すら知らなかったらしく……。
 黎明卿によると、白笛の二人──神秘卿および先導卿が各々6層へと降りて行ったらしい。休めと部屋を与えられるも、もちろん警戒する3人。それでも罠に嵌り、ロボットの右下腕が切断されて……。

# カヴァー下の表紙絵は、カヴァーの背景の女児らが実験に処されてるらしい様子。こっちが現実(?)で、イメージたる(?)楽しげなカヴァー絵との落差に胸が痛む……。
# 架空の生き物を調理し、食するシーンが多い本作。多分、『ダンジョン飯』より先んじていた……よねぇ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

ジョン・ウー『フェイス/オフ』

 アメリカ映画『フェイス/オフ』(1997年)を観ました。BSプレミアムでやっていたので。前に紹介しているジョン・ウー監督の映画です。

 娯楽作としては、とても面白かった。都合のいいディック的(?)医療技術──本作の根幹アイディアである──&やたら爆発し過ぎが、やや気になったけど(笑)。
 そして、やはり白バト乱舞が(笑)。「ここで?」と言う場面なので、心象風景かもしれない……。

 FBI捜査官ショーン・アーチャー(ジョン・トラボルタ)は、請け負いテロリストのキャスター・トロイ(ニコラス・ケイジ)を空港で追い詰める。アーチャーにとってキャスターは、6年前に自分の命を狙い、その巻き添えで幼い息子を殺した宿敵であった。死闘の末、アーチャーはキャスターを殺した……はずだった。万事解決と安堵していたアーチャーに、驚くべき提案がなされる。キャスターは、昏睡状態で秘かに生かされていたのだ。
 キャスターの仲間が持っていたZipディスク(笑)を解析したところ、LAの何処かにテロルらしきが時限セットされたと判明。アーチャーも、死闘時にキャスターが「疫病をばらまく」旨を言っていたことを思い出す。同時に捕らえたキャスターの弟を尋問するも、口が堅くテロル情報を引き出せない。そこでアーチャーの同僚2人は、アーチャーが刑務所に潜入しキャスター弟から詳細情報を得る作戦を立てる。それに際して、最新外科技術を駆使して文字どおりキャスターからの“顔面移植”(および肉づきの調整・声の変換など)を行っての。
 もちろん、提案を拒否するアーチャー。再びキャスター弟への尋問を行うも、やはり情報を得られない。かろうじてキャスターの昔からの仲間──今回の逮捕劇には関わってない?──から、「(実は仕かけてから11日後である)18日はLAから逃げろ」なる旨のみを言わていたと聞き出す。期日が迫り、やむなく極秘作戦を受け入れるアーチャー。元の顔面は保存され、済んだら戻すと(提案当初に)説明を受けて……。
 術後、計画どおり収監されキャスターに“成りすました”アーチャー。キャスター弟と接触し、なんとか仕かけた場所の情報を得る。だが少し先んじて、昏睡状態だったキャスターが覚醒。仲間に連絡し、メイン執刀医を拉致。アーチャーの顔面を自分に移植(&もろもろの調整を)させ、メイン執刀医およびアーチャーの同僚2人を殺害して極秘作戦を隠滅。アーチャーに成りすましたキャスターは、司法取引を称し弟を刑務所から出す。当初の目的の情報が無駄となり、刑務所に取り残されキャスターに“された”アーチャーは……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

TOMOVSKY『BEST3』

Best3 TOMOVSKY『BEST3』を聴きました。
 前に紹介している自作自演歌手の、8年7ヶ月ぶりのベスト・アルバムです。2015年9月初旬に出た。

 全14曲60分。全曲新録音で、一部がライヴ収録と思しい。双子の兄ハルさんが、ベースを弾いてる。

 「最高の錯覚」が、やはり素晴らしい。さわやかなメロディで、「♪ずっと覚めなければ/錯覚は錯覚じゃないんだ/さめなければ/さめなければ/こっちが現実なんだ」と唄う(笑)。
 「いい星じゃんか」は、日の出直前をダウナーに歌唱(徹夜明け?)。トモさんには珍しい抒情的な歌詞(?)を、徐々に愛おしく思えるようになりました(笑)。
 「スポンジマン」の過剰なポジティヴさは、今ようやく気づき戦慄しました(笑)。ここから先は、(是非を問わず)すべてを吸収すると宣言する……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

平井和正・石ノ森章太郎(原作)/七月鏡一(脚本)/早瀬マサト・石森プロ(漫画)『幻魔大戦 Rebirth 3』

Genmarebirth03 平井和正・石ノ森章太郎(原作)/七月鏡一(脚本)/早瀬マサト・石森プロ(漫画)『幻魔大戦 Rebirth 3』(少年サンデーコミックス スペシャル)を読みました。前に紹介している漫画の、最新から一つ前の巻です。

 ウェルメイドだけど、いままでオマージュの域を出なかった本作。でも本巻の、生物宇宙船──巨大セミ型ロボットの如き──のアイディア(既出?)および付随するプロットは良かった。『トップをねらえ!』の宇宙怪獣の如きとは違って、ピースフル(?)かつ高度に知的らしい星間種族。体内の空きスペースに招き入れ、「他の種族と契約して自分を恒星間宇宙船として使わせる」と言う。

 幻魔ザメディを破った後、多国籍企業クェーサーによってエリア51へと連れて行かれる丈たち。エスコート役は、杉村由“佳”。杉村由紀・優里(母娘)の、血縁者であると思しい……。
 そのエリア51の「管理人」こそ、イワン・ウイスキー(『サイボーグ009』)。丈・ソニーとも(別世界で)知己だったらしいが、ベガしか憶えていない。かつて自身に絶望したイワン──ギルモアもろとも(?)スカール(?)らブラックゴースト(?)の数千人を瞬殺した──を救ったのが、ムーンライト(黒野千波)と思しいミス・クロノ。ベアトリスの簪(?)を、イワンに触れさせて……。
 そんなイワンが管理していたのが、地下に眠る生物宇宙船。『幻魔大戦』世界でのルナのテレパシー放送を聴き──平行宇宙でも受信できた?──、地球へと送り出された(生物宇宙船だけじゃない?)大船団。幻魔からの逃避行でワープ中に「時空乱流」に巻き込まれ、数百年前に地球圏に到達した組の1体である。過去に飛ばされなかった組は、まだ地球に着いてないらしい(笑)。

 最後の方で、石ノ森章太郎『幻魔大戦』の双子がチラッと登場。こちらに越境せず──『骸骨都市の章』の続きではなく──、遠未来の彼らの世界で……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

ウィリアム・フリードキン『エクソシスト ディレクターズカット版』

 アメリカ映画『エクソシスト ディレクターズカット版』(2000/1973年)を観ました。スターチャンネル1で無料放送をやっていたので。

 『エクソシスト』、初めて観ました。て言うか、ホラー映画を生涯で恐らく5本も観てないけど(笑)。
 途中までは、慎重に不可知論的アプローチで描いていた印象。医者の理屈づけも、そうかなと思ってしまう。でも焦らしに焦らした後、“現象”を決定的に描いてますねぇ。正体(?)は、分からずじまいだけど……。

 ブリッジ歩き(?)は、「これかと!」喜び且つ驚きました。首の真後ろ向きは、さすがにギャグに見えたけど。でも最も驚いたのは、カラス神父への電話の呼び出し音でした(笑)。
 ピアノのアルペジオ(?)が特徴的な有名BGM、本作のだったのね。『ゴッドファーザー』の“あの”BGMと同様に、本編中さり気なく1回しか流れてないけど(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

東本昌平『キリンHRS 10』

Kirinhrs10 東本昌平『キリン The Happy Ridder Speedway 10』(YKコミックス)を読みました。前に紹介している漫画の、最新から一つ前の巻です。

 承前の格闘審査。悪徳警官に圧されるも、肩関節を極めパウンドで辛くもKOする青年キリン。
 入院し、顎関節および左肩を固定された悪徳警官。そこに町長および秘書(?)が現われ、彼を揶揄。それが最後の引き金となったか、やけくその暴走を始める悪徳警官。町長や看護師、道々で出会う人々や自動車整備士を射殺。35GT-RスーパーGTカー(?)PCを駆り、警察署で銃器/弾を補充。無茶苦茶な論理で、殺されたイカレ息子への鎮魂だと心中うそぶく悪徳警官……。
 一方の青年キリンは、中年キリン相手に審査レースがスタート。途中で建設中止したサーキットのみならず、市街地など公道を含めたコース。見事な中年キリンの走りを、必死に追走する青年キリン。そのコース脇のPC内で、重武装した悪徳警官が待ち構えていて……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月)

小瀬田麻由『Confession』

Confession 小瀬田麻由のグラヴィアBD『Confession』(本編84+特典映像4分+BD特典映像13分)を観ました。
 前に紹介しているグラヴィア・アイドルの、3枚目DVD/BDです。2年2ヶ月ぶりに出た。

 小瀬田さんは、あい変らず素晴らしかった。けど、甘く見てトータル中の上かしら。総じてムーヴが小さく、キャメラの動きも小さいので。小瀬田さん、動けるのに。
 小芝居は、小瀬田さんがエア先輩にモーションをかける体。これぞ小芝居。ややオーヴァー・アクトで、VO・モノローグも多い。前半は「犬系女子」、後半は「猫系女子」で攻めるも失敗(後者ではクールを気取り、化粧濃いめ&過半で笑わない)。最終シーンで普通に戻り、告白が成就する(笑)。

 白ビキニは、従来どおり小さめを下乳見せフィッティング。他衣装と同じく、谷間・上/下/横乳を堪能できる。
 メタリック黄土色(?)スリングショット水着(ジャケット写真)が、本作ベスト衣装かしら。離れ谷間が美麗で、自然なフォルムを他衣装より堪能できて。

 特典映像は、スティル撮影およびアップ後お言葉30秒。バリ撮影。前作までは10代で、今回は大人っぽさを盛り込んだと。

 BD特典映像は、本編に無い2シーン/衣装。後日談の体で、しゃべり少々の。
 (幕間で)本編でも着てた花柄ワンピースから、脱いでって白下着。あとオレンジ色ビキニは、やはり小さめを下乳見せフィッティング。後者シーンが、本編も含め最も乳ゆれしてるっぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«短編アニメーション映画『グラファロ』