2017年9月21日 (木)

花見沢Q太郎『Cue 03』

Cue03 花見沢Q太郎『Cue 03』(サンデーGXコミックス)を読みました。前に紹介している漫画の、最新から一つ前の巻です。

 グループ主ヴォーカルが笑わないのは、子ども時代に生き別れた父親が理由であると。有能で人柄も良かったけど、「笑顔がモットー」が仇となり要らぬ不幸を背負って……。
 前巻で脱退したメンバーに代り、14歳新人が加入。アイドル要素の全方位で優秀だが、アクシデントで予定どおり行かないと崩れてしまうと言う。
 主役(マネージャー)が、ヴィジュアル系(?)バンドマンだったらしい描写も。知ってか知らずか、こっそりグループ主ヴォーカルが当該バンドCDを聴いていたり。
 次巻へと跨るエピソードは、ミニアルバム作成──プレスCD(?)初リリース及びアイドル大イヴェントへの参加。そこで、前巻の「ネコ科アイドル」が再登場する(笑)。

 あとがき漫画の他に、連載開始時ラフ画6ページも収録。見覚えない女子2人は、新メンバーの没なのか否か……。
 カヴァー下の裏表紙マンガは、久々のエロ同人(オリジナル)製作について。他社(画報社?)の仕事が流れ、思わぬスケジュール空きが生じたからと(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

カトウタカヒロ『ジンメン3』

Jinmen03 カトウタカヒロ『ジンメン3』(サンデーうぇぶり少年サンデーコミックス)を読みました。前に紹介している漫画の、最新から一つ前の巻です。

 次から次とゴリラが出てくるけど、一つの動物園にそんな居ないでしょ(笑)。

 初めて人間の側──主役の馴染み飼育員から、明かされる「ジンメン計画」。真の目的は不明だが、動物のコミュニケーション能力を発達させ知能向上をうながすと言う。その為の手段として、動物に人間の如き「顔」と「白目の多」い眼──動物は黒目の方が多いそうな──を人為的に与える。
 ジンメン化した動物(哺乳類のみ?)の暴走も想定し、幾重にも施されていた対策措置。対策には最寄り自衛隊駐屯地もコミットしていたが、想定を上回るジンメンの反乱ぶり(?)に対抗できず。人為的な大陥没および有害電磁波(?)が、フェイルセーフとしてジンメンの域外流出をストップ。それゆえ、逆に域内の人間に逃げ場が無く……。
 駐屯地へと辿り着いたが、域外に脱出できなかった主役たち一行。駐屯地の地下でジンメンに軟禁され、怪しげな食事を供される。その食事をとった人間たちは、ジンメンに従順かつ異様な態度に変化。飢えつつも、その食事──人肉に薬物を混入した?──を拒否する主役たち……。
 そんな主役たちを、救出に現れる異相のサファリ職員2人。地上で出会っていたが、大型ヘリコプターが飛び立つ寸前のジンメン攻撃に際し別々に──彼らだけで逃げていたと思しい。救出に加えて、職員たちは駐屯地の特定薬物を回収。それを摂取した女性職員が、ゴリラに近しい姿に変化。「ジュウメン」化し、ジンメン化ゴリラたちと互角以上に戦う。
 地上に出る寸前、ずっと昏睡状態だった幼なじみ女子が覚醒(主役は、数日前に地下で覚醒)。主役を見て、驚愕する女子。地上でサイの攻撃を受け、完全に首が折れていたのに……と。加えて(馴染みじゃない方の)男性職員に、「もうお前は人間じゃねぇんだ」と言われる主役。
 地上に出て、もう1人の女性職員と合流する一行。だが駐屯地の外から、大型を含む動物の大群が迫って来ていた。その先頭には、猪突猛進するゾウ──主役の親友たるハナヨが居て……。

 カヴァー下の表紙イラスト及び巻末4コマは、従来どおり御ふざけモード。でも最後の4コマ1本のみ、ハナヨの悲喜を描いた切ないもので……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

松沢まり『ふくねこ1』

Fukuneko01 松沢まり『ふくねこ1』(ACTION COMICS)を読みました。

 とても気に入りました。ふくねこ(福猫)フクが可愛くて(笑)。
 表カヴァーの幼女がフク。猫耳&しっぽを持ち、おかっぱ頭&白ロンパース(背中リボン付き)の出で立ち。基本「ふくねこが自分で選んだ人間だけ」そう見え、他の人には白リボンをしょった黒猫にしか見えない(らしい)。しゃべりは片言。もう1匹のオスふくねこは、普通にしゃべるのに。
 福猫町の氏神「大福神(だいふくかみ)」から力を授かった、長命の猫である「ふくねこ」。自ら主を選び、ちょっとした(対人関係の?)福をもたらす。大福が力の源で、フクは食べると「こいこい」と手招き振りをし福を呼び込む。

 主役は中2女子。7年前に両親が突如失踪したまま、一家を支える姉(漫画家)と弟(小学生)の3人で暮らしていた。だが半年前に(母系で遡った)曽祖母が亡くなり、空いた家──郊外より少し遠い地の──に引っ越すことになる。
 親友と離れ離れになり──電車で1時間ぐらいと思しいけど──、ふてくされ且つ落ち込む主役。そんな彼女に、どこからともなく現われ懐いてきた不思議幼女。大いに戸惑うが、家族では弟にしか同様に見えないらしい。近所の祖母らによれば、曽祖母の「何代目かの」飼い猫フクであると事もなげ。曽祖母の死後も、空き家を離れようとせず住まわせていと言う。
 祖母によると、主役と娘時代の曽祖母が似ているらしい。昔の写真が有り、「初代」黒猫フクを抱く曽祖母は確かに似ている(髪色は違う)。まとわりつくフクを、いささか疎ましく思う主役。そんなフクの行動は、ある「やくそく」に基づいてるらしく……。

 カヴァー下の表紙には、前後に描き下ろし(?)ミニ漫画が。「もちもち」と大福を食べ、「スースー」と眠るフクが愛おしい(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

手塚治虫(原案)/ゆうきまさみ(コンセプトワークス)/カサハラテツロー(漫画)『アトム ザ・ビギニング06』

Atomthebegin06 手塚治虫(原案)/ゆうきまさみ(コンセプトワークス)/カサハラテツロー(漫画)『アトム ザ・ビギニング06』(ヒーローズコミックス)を読みました。前に紹介している漫画の最新巻です。

 「アジアで発見された未知の物体」「その内部に秘められた(中略)謎のテクノロジー」って……(笑)。

 世界中の自律型ロボット100体が集ったWRB。ルールは単純。ビーチフラッグの如くバトン争奪し、スタート地点に帰還。早い者勝ちで戦わずとも良いし、バトンを持たない者同士が戦ってもOK。バトン10本ロボット100体で始まり、回を重ねる毎にバトン数をマイナス1(全10回戦)。バトン取得(して帰還)でポイント付与され、行動不能となれば脱落。全10回戦が終わるまで、修理は不可。
 A107は、飛行速度および地上での敏捷性で他を圧倒。1回戦ダントツ1位で、余裕綽々のインタヴュー応答(笑)。2回戦を前に、兄(A106)にいいところを見せんと勝ちたい気持ちを募らせる。その「感情」が内蔵センサーを通じ増幅・発信され、(自閉していない)周囲のロボットたちに影響を与えてしまう。
 1回戦バトン取得10体は、ハンディとして遅延30秒スタート。それでも多くの機体を追い抜き、易々とバトンを取得するA107。だが(自閉していなかった)周囲のロボットたちが、一斉にA107を攻撃し始める。A107の如く、勝ちたい感情(?)を募らせて。1対1ならば、巨体ロボットにも劣らないA107。だが袋だたきを受け、亀の姿勢で戦意喪失。「恐怖」の感情を募らせ──それは伝播しないの?(笑)──、兄に“音声で”助けを求める。
 競技フィールドとは通信遮断されているが、マイクに拾われ観客席に流れるA107の声。それを聴き、観覧ゾーンで走り出すA106。だが天馬に、リモート緊急停止されてしまう。そうとは知らず、助けに来ない兄への好意を反転(?)させるA107。他者嫌悪(?)と破壊衝動に支配され、それを再び周囲に伝播。既にゴールした4体を除き、互いに無差別破壊。カメラドローンや、観客席まで攻撃し始める。
 バトルロイヤルの中、最前とは違って無双するA107。それらの混乱を受け、投入されるオーストラリア軍ロボット部隊。だがリーダー機がA107にハッキングされ、部隊ごと支配されてしまう。さらなる混乱を収拾せんと、バルト──Dr.ロロによるマルスの量産ロボット部隊が投入され……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

the pillows『STROLL AND ROLL』

Strollandroll the pillows『STROLL AND ROLL』DVD付き初回限定盤を聴きました。
 前に紹介しているバンドの、最新から一つ前のアルバムです。Avexを辞め、山中さん主催レーベルから1年半ぶり2016年4月に出た。

the pillows ニューアルバム「STROLL AND ROLL」発売記念メンバーコメント - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=q0t4GHjjtTk&feature=youtu.be

 全10曲36分。配信シングル「カッコーの巣の下で」を収録。
 総じて軽快で、力が抜けている風(?)の本作。ベーシスト5人の弾き分けは、あまり気にならない(笑)。

 1曲目「デブリ」は、サビが飛び抜けてキャッチー。
 2曲目「カッコーの巣の下で」は、導入ギターが重厚。
 4曲目「ロックンロールと太陽」は、全編がキャッチー且つメロウ。
 6曲目「エリオットの悲劇」が、本作で最も好きかしら。メロウだけど、ノリがいいロックンロールで。

 DVDは、本アルバム収録3曲のPV。全11分。基本、全曲メンバー3人による当て振り映像の。
 「カッコーの巣の下で」は、ブルーバック撮影と思しい。沙漠や廃墟がバックの3人演奏を、第三者の(?)山中さんが観ている。
 「デブリ」は室内。途中まで山中さんがハンドマイクで、代わりに骸骨プリント全身タイツの人がギターを弾いている(笑)。
 「Locomotion, more! more!」は牢屋内。真鍋さんが何ゆえか右アイパッチを着け、電飾フライングV(?)を弾いてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

森達也『FAKE<ディレクターズ・カット版>』

 日本映画『FAKE<ディレクターズ・カット版>』(2016年)を観ました。録画BDを知人にお借りして。
 前に紹介した映像ドキュメンタリー作家ですが、映像作品は初めて観ました(笑)。

 作品本編2h8mに加え、番組(日本映画専門チャンネル)案内人であるTVアナウンサー軽部真一さんと監督の対談33mを前後に配置。それも──特に軽部さんがインタヴュアーであることにより、とても興味ぶかい。
 佐村河内夫妻への(ほとんど自宅内での)密着撮影は、ゴーストライター騒動発覚後半年ぐらい(2014年夏?)から始めたそう。それから(特に終盤は?)断続的に、2年近く撮影を続けたらしい。
 <ディレクターズ・カット版>の顕著な差異は、全カットした全盲の青年女性の来訪──(15年来の知己で)自覚的に出演したシーンの復活だそうな。公開時は未成年で、本人OKだけど監督が配慮したと言う。
 監督も自覚的であろう、不作為──偶然を作為に変える演出。顕著な例は、マイク電源を入れ忘れた映像の印象的なインサート。やはり自覚的であろう弱ってる人の懐に飛び込む魅力(?)と相まって、とんでもない悪人にも成り得るんじゃないかと震える(笑)。

 公開時に口外するなと煽られたらしい最後12分は、なるほどの内容。ですが当該シーンで表されるクオリティ(?)を、わたしは判断できません。好きとは言えないけど、良くないとも判ぜられず……(笑)。
 夫妻の恨み言を、最小限に抑えたらしい編集。夫──佐村河内守さんはメディア・スクラムを、だまされた「メディアの復讐」と表現。自身が揶揄されるTV番組を、無言で(ため息を飲み込み?)観る夫妻が雄弁であるような無いような……。
 密着ゆえ撮られた、佐村河内さんへの他者による取材など。フジテレビ系の取材&大晦日特番出演依頼と、アメリカのオピニオン誌による取材。後者は日本語&手話の二重の通訳を介しつつ、アメリカらしい(?)核心を突く理詰めの質問。曰く新垣さんが作曲できる証拠は複数あるが、それを佐村河内さんは明らかにしていないと。提示した綿密な指示書だけでは不充分で、演奏または演奏した音源を示すべきであると。
 本作の正式な取材依頼を断った、新垣さん及び本件をゴーストとスクープした神山典士さん(ノンフィクション作家)。事務所が断った前者は兎も角、後者は酷いねぇ。だから嘘ついてるって訳じゃなく、森達也さんに“人間として”勝てないと逃げたに等しい。ジャーナリズムの人間で、巨悪とまでは言い難い佐村河内さんを社会的に抹殺したにも関わらず……。

 本編後の対談で、(善悪)二元論へのアンチテーゼである旨を述べる監督。以前から一貫した動機と思しいけど、曰く半分は後付とも。加えて、自身──ドキュメンタリーこそフェイクであると半ば韜晦(自虐?)しつつ……。
 そして軽部さん。騒動発覚1年前から、佐村河内さんと(仕事を通じて知り合い)個人的に交流していたのだと。騒動発覚直後に連絡が取れなくなり、佐村河内さんは存在しなかった──単純にゴースト云々ではないレヴェルで虚像だったのかと悩んだらしい軽部さん。でも本作を観て、やはり佐村河内さんは存在したんだと思ったそうで……。

# アイキャッチな飼い猫。あお向けでの腹見せが堪らない!(笑)
# 軽部さんについては、いままで(風貌を除いて)ほとんど知らず興味も有りませんでした。でも本対談を観て、信頼できる人だなーと思いました。同じく映画に詳しそうな同僚アナウンサー、笠井信輔さんより遥かに(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

せきはん(大森しんや)『恋ヶ窪★ワークス』上下巻

Koigakuboworks せきはん『恋ヶ窪★ワークス』上下巻(アース・スターコミックス)を読みました。前に紹介した漫画家の代表作(?)です。

 表題作は、いまは無き月刊誌「ミスターバイク」の2003年8月号から2006年9月号にかけて掲載された本編23話+追加5話。やはり同誌に掲載された、「はじめてのタンデム」(1991年)と「極楽ライダー」前後編(1994年)も収録している。

 「恋ヶ窪★ワークス」は、一応(?)バイク屋マンガ。熱い走り──も無くはない──と言うよりも、人間ドラマ&ちょっぴりノスタルジーの「御近所ファンタジー」である。出番は少ないけど、拾われた子猫が可愛い。無表情に「なー」と鳴き、座布団の上で「ぷるぷる」と震えてる(笑)。
 主役は、作品名が店名のバイク屋で働く10代(?)女子。高校を1学期中退(&保護観察処分)した、元レディース(?)の。かつて唯一の親友が事故死し、忽然と現れた「バイクの妖精」を名乗る店主(ボス)に自殺寸前を救われた。
 とは言え過半は、おバカで明るいバイク日常話。加えて幽霊の如きやゲニウス・ロキ、そして「バイクの妖精」が比喩ではなかったらしい……。

 「はじめてのタンデム」は、作者のコマ漫画2作目だそう。男子高校生が、転校する同クラス女子と最初で最後の(?)タンデムをする。甘酸っぱい内容と共に、タッチが細く初々しい(笑)。

 「極楽ライダー」は、「恋ヶ窪★ワークス」の原型だそう。かつてバイクで事故死した天使見習い(?)男性が、特別休暇で30年ぶりに地上へと降臨する。ギャグ漫画の如く、タッチが太くダイナミックな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

サム・ペキンパー『ダンディー少佐』

 アメリカ映画『ダンディー少佐』(1964年)136分エクステンディッド・エディションを観ました。BSプレミアムでやっていたので。前に紹介しているサム・ペキンパー監督の映画です。

 やはり(?)、同監督『ワイルドバンチ』『砂漠の流れ者』に比べて劣るかなあ。
 (アメリカン・)インディアン描写は、粗筋ほど不快じゃありません。内容がと言うより、出番そのものが思ったより少なかったので(笑)。

 1864年。南北戦争末期ニューメキシコ州。ある牧場の民間人および北軍の中隊が、アパッチ族に惨殺された。ラッパ手1名のみ生還し、幼い男子たちは誘拐されて。下手人は、一帯で広範囲に暴れ回る50人弱。彼らに、何度も煮え湯を飲まされていた。
 主役は、近くの(南軍捕虜や犯罪者や北軍脱走兵などの)収容所長として左遷されてきた北軍ダンディ大佐(チャールトン・ヘストン)。戦いと出世を欲する彼は、討伐隊への志願者を募る。収容任務に不都合が出ないよう、北軍兵の数は抑え被収容員たちにも呼びかけて。
 討伐隊の中には、南軍捕虜20名ほども入れられた。志願と言うより、将校への生きるか死ぬかの脅迫を以って。その将校──南軍大尉(リチャード・ハリス)は、かつて大佐の部下であり友人でもあった。北軍で同僚と決闘して殺害し、北軍を追われ南軍に寝返ったのだ。討伐隊では大佐に次ぐ中尉待遇とし、討伐後の恩赦釈放を条件にして。
 収容所を次席将校(?)に任せ、追撃に出る少佐が率いる討伐隊。国境を越え、メキシコに侵入。なかなか下手人たちを捕捉できず、加えて駐留フランス軍(槍騎兵!)にも追われる破目になり……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

きゆづきさとこ『棺担ぎのクロ。懐中旅話~カイチュウタビノワ~6』

Hitsugikatsugi06 きゆづきさとこ『棺担ぎのクロ。懐中旅話~カイチュウタビノワ~6』(まんがタイムKRコミックス)を読みました。前に紹介している漫画の最新巻です。

 冒頭1篇を除き、「呪い」に関わるエピソードから成る本巻。後書きで、「おそらく次の巻が、最終巻になるんじゃないかな」と……。

 魔女ヒフミ(1・2・3)の根源が、人格の如きを持つ黒い“でんせんびょう”であると。そしてヒフミを構成──女性3人が合成された場所こそ、猫耳/しっぽ幼女であるニジュク(29)&サンジュ(30)が発見された研究所であると……。
 旅の途上、「幻の大陸」に上陸──導かれる主役。「最初の大陸」に在る「最初の王国」。その「はじまりの国」は、失った王の帰還を「数百世紀」以上(?)待ち続けている。その元王国を包み隠す霧の中で、元の姿(?)を取り戻す主役(&蝙蝠)。「黒いもの」を排除し姿を隠した元王国には、「呪い」の力が及ばないらしく……。
 主役の身体が(文字どおり)壊れかけ、それを修復するニジュク。その際に(主役に感染した一部たる?)ヒフミと対話し、目をつけられてしまう。ヒフミが出て行った後にニジュク&サンジュ(の基になる2人)が研究所に来たゆえ、互いの出自が同じだとは知らず……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

木城ゆきと『銃夢火星戦記4』

Gunnmmc04 木城ゆきと『銃夢火星戦記4』(イブニングKCDX)を読みました。前に紹介している漫画の最新巻です。

 ほとんど主役──陽子(ガリィ)の出番が無い本巻。主役の代わりに、エーリカが秘宝探索──なぞ解きに大活躍。加えて、負けず劣らず「仮面の怪人」も活躍。最終エピソードから、怪人の回想編──『銃夢LO』カエルラの如き?──に突入……(笑)。
 わずかな陽子の出番。いつもの真ん中分け──200年後のガリィも不変の──ではなく、前髪ぱっつん気味ヘア。読み聞かせする“自称”母親に見せる、驚愕の表情および芋虫の形態模写が尋常じゃなく愛らしい(笑)。
 陽子の出生が、火星シドニア領主に関係するらしいとの仄めかし(貴種流離譚?)。幼児にも関わらず陽子が全身サイボーグなのは、怪人およびシドニア領主も罹っている奇病「人面腫」と関係するのか否か……(前巻では例え全身サイボーグ化しても、唯一残した脳に人面腫が生じるとあったけど)。

 仮面の怪人が、陽子を引き取ったシドニア貴族と繋がってたと知るエーリカ。怪人は真相を明かさず、陽子に「出生の秘密」が有るとだけ告げ……。
 怪人と過ごし、火星の「無慈悲」──苛烈な環境に由来する──を直覚するエーリカ。怪人の元に居る科学者を、事故と見せかけ殺害(怪人には御見通し)。一方で怪人に復讐に来(て返り討ちにされ)た美形青年男子に、家来あつかいしつつ懐いたり。
 「黄金の杖」が描いた暗号を解き、苦労の末「火星の秘宝」の隠し場所へと辿り着くエーリカ&怪人たち。するや否や、弱々しかった青年男子が豹変。シドニアではない領主に雇われた、密偵だったと明かす。エーリカの秘かな協力を受けていたが、自尊心のため彼女も殺すと宣言。だがやはり怪人には御見通し(笑)で、今度こそ真の返り討ちに遭う。青年に裏切られ、茫然とするエーリカ。それを(悪の)糧にしろと、彼女に告げる怪人。
 13年前。後の怪人は、人生および家族をこよなく愛する陽気な青年男子であった。シドニア領の遺跡で妹と共に、科学者である父の発掘調査に参加。そこには、後のエーリカ父も居た。いよいよ最終的な発掘が為され、スポンサーたる後のシドニア領主が臨場。黄金の杖が発見されるも直後、後のシドニア領主に生き埋めにされそうになる発掘隊。後のエーリカ父が機転を利かせ、一部メンバーが脱出。だが妹は重体。加えて一行は、凶悪殺害犯として指名手配されて……。

# シドニアの宮殿地下に屹立する、「護国天使」たる巨大ロボット。まさか、『銃夢』おなじみ「火星大王」じゃないよねぇ……(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«the pillows『Across the metropolis』